脳の誤作動記憶を調節する心身医療 心と脳と身体との関係性 -心身条件反射療法協会のサイトー

  脳に学習された誤作動記憶を調整する心身相関統合療法

 心身条件反射療法
(ニューロパターンセラピー)

Psychosomatic Conditioned Reflex Therapy

   事務局: 〒810-0001 福岡市中央区天神3-3-6 天神サンビル7F 
 

お問い合わせの際は、
お名前とご連絡先をお知らせください

092-761-0086

PCRTの4つの強み!

PCRTの4つの強み!

PCRTの4つのオススメポイントについて詳しくご紹介いたします。

慢性症状の改善

PCRTの研究は、特に繰り返される慢性症状に注目し、長年、臨床研究を積み重ねてきました。PCRTでは「慢性」=「クセ」=「学習記憶」という概念で慢性症状を改善していきます。

同じ慢性症状でも、治り方のタイプは様々です。大きく分けると3つのタイプに分類されます。

①段々と時間をかけて治るタイプ

②一旦治るけれども再発を繰り返すタイプ

③常に変わらないタイプ

総合的なアプローチ

機械構造論的な医療分野では、各部位ごとの専門性はとても重要になります。例えば、外科的に手術を行うためには、その領域での緻密性や専門性が求められます。

しかしながら、自然治癒力を引き出すことを主な目的とする代替医療の有機生命論的医療の領域では、身体の「働き」を診る専門性、「心と身体の関係性」、「心と外界との関係性」など「関係性」による誤作動を診る専門性がとても重要になります。

特に心身医療の分野では心と身体の関係性が改善されることで様々な症状が改善されます。例えば、腰痛などの関節痛も最近ではメンタル面との関係性が原因であることが科学的にも証明されており、肉体とメンタル面との関係性を診て治療することはとても重要になっております。

原因と結果の関係性を整理

私たちは症状がどこから生じているのかの因果関係を明確にすることを大切にしています。

症状の原因を脳科学的に大きく分類すると3つの領域に分けることができます。

①脳幹脊髄系(反射系):この領域は感情などのメンタル系が関与しない神経系の誤作動や内分泌系の誤作動、あるいは、東洋医学で伝えられる経絡系の誤作動による肉体のハード面の関係性が関与します。

②大脳辺縁系:この領域は情動を司る領域で主に潜在感情や信念、価値観などが症状の誤作動に関係します。

③大脳皮質系:この領域では主に意味記憶やエピソード記憶が症状の慢性化に関係します。

私たちはこの3つの領域に関係する原因と結果の関係性を整理しながら治療を進めていきます。

「脳の誤作動」と「心の構造」に注目

「脳の誤作動」と聞いて、どのようなイメージがわいてくるでしょうか?

PCRTでは「脳=心」と考えており、特に「無意識の心」無意識レベルの「脳の働き」や「誤作動」に注目します。