脳の誤作動記憶を調節する心身医療 心と脳と身体との関係性 -心身条件反射療法協会のサイトー

  脳に学習された誤作動記憶を調整する心身相関統合療法

 心身条件反射療法
(ニューロパターンセラピー)

Psychosomatic Conditioned Reflex Therapy

   事務局: 〒810-0001 福岡市中央区天神3-3-6 天神サンビル7F 
 

お問い合わせの際は、
お名前とご連絡先をお知らせください

092-761-0086

婦人科系・乳幼児の施術

婦人科系・乳幼児の施術

幼児の食物アレルギー

報告者 : 関 隆一カイロプラクティックオフィスSEKI)                                                             2014.2.12

【状態

通院中の方の1歳児のお子さんが食物アレルギーで悩んでいた。主訴はアレルギー反応で発疹がでて呼吸がおかしくなり、咳も出てしまう。特に卵、マヨネーズ、お菓子、チーズ、ピーナッツ、イクラで反応が顕著とのこと。
【平成24年度治療】上部頸椎部位に対してアクティベータ器を使用して正しい刺激を脳に入力した。通院期間を空けずにこの方法を3回ほど繰り返した。すると卵やおボーロ(子供用のお菓子)を食べても反応が出なくなった。但し、口の周りに食べかすが付着すると、その部位だけブツブツが出てくる症状が残った。
【平成25年度治療】年度が変わり、状態に変化が無いので別の角度から治療法を探ってみた。ニューロ・パターン・セラピー(PCRT)の検査法の一つである、母親の体を子供の代わりに検査する方法(代理検査法)で感情面を調べてみた。この方法は術者と患者との間に「信頼関係」が構築されていることが大前提になる。今回の場合、母親が症状の改善を体感していたので、スムーズに検査をおこなうことが出来た。
詳細は割愛するが、子供から見た家族間でのストレスが検出できたので、それを母親の体を使い脳に認識させた。それから2か月後の来院時にはいろいろなお菓子の反応が出なくなっていた。
その後6回目の治療のとき、チャクラや経絡というエネルギー的な概念に焦点を当てて治療をおこなった。

続きを読む

おねしょが治らない・・・

報告者 : 会田 成臣カイロプラクティックオフィスアイダ

【患者】小学校2年生(8歳)。男の子。
過去に大きな病歴やけがはなし。
【症状】 
 

多いときは週に何度も。
小学校2年生になり本人もその問題に対してかなりデリケートになっている様子で、最近ではおねしょをすると母親にわからないよう一人で片づけているとのこと。
母親としてもその様子を見るのが辛くなんとかしてあげたいが、どうしたら良いのかわからず悩んでいる状態。
頻度が多いときは週に何度もということでしたが、先週は少量を1回のみ。
男の子の母親も当院で治療を受けており、4年間ほど悩まされていた症状に前回(1週間前)の治療で改善が見られ、治療後に「息子のおねしょもなんとかなりますか?」とのことで一緒に来院。
PCRTの症例報告や研究でもあるように、母親と子どもには密接な関係があり、母親の感情や抱えている問題、ストレスの情報(エネルギー)に変化が生じ、子どもの症状にも多少の変化が表れたと考える。

続きを読む

不妊治療

報告者 : 土子 勝成 B.C.Sc Tsuchiko カイロプラクティックオフィス

【患者】29歳から45歳までの女性9名
【効果】 
 

当オフィスでは9症例中5症例で妊娠となりました。この結果で確立が良いのか悪いのかを左右する事は出来ません。こちらとしても妊娠をさせようと治療しているのではなく、妊娠を阻害しているストレス要因を取り除く目的で行っています。結果、妊娠する方としない方になるようです。

【心身条件反射療法の施術効果】

患者さんにストレスや緊張するイメージをしてもらいながら、深呼吸と共に丹田に振動刺激を行う施術です。効果として、症状に直結する記憶を、直結しない記憶に再学習することで、症状を引き起こす「くせ」を切り替える事が出来ます。

【1症例-成功例】29歳の女性、遠くからご主人と息子さん6歳と来院されました。この6年間妊娠しなかったと言う事で、来られたのですが女性自身がストレスによって出来ないのではないかと自覚していました。
女性にストレス治療として心身条件反射療法を行いますと、様々なストレスがありました。妊娠しない事もストレスなのですが、不安神経症のような状態でした。何事に関しても不安を口にするので、一つ一つ切り替える治療を行いました。トータル7つの不安要素を切り替えました。
女性は1回の治療で2週間後ご主人から電話を頂き、妊娠したと喜びの声を頂きました。

続きを読む

乳幼児のドモリ(吃音障害)

報告者 :岡本 光雄 B.C.Sc                                   2008.12.11

 

34歳女性が去年、頚・股関節・腰の痛みを訴えて来院。
3回でリリース。

今年、夏。
同女性が左上腕部から 肘にかけての痛みで来院。
一回でリリース。

帰り際の会計時に「うちの子供が生まれつきドモリなんですけど、治りますか?」
「えーっ? 生まれつき? オ オ オギャー。って、泣くんですか?」
「いいえ、もの心ついて1歳くらいから片言がしゃべるようになってからなんです。」
「それから耳の後ろとか首や肘とかアレルギーで荒れているんです・・。」 
翌日、当の男の子とお母さんが来院。
最初、気恥ずかしいのか お母さんに気を使っているのか 質問しても首を立てに振ったり 横に振ったりし、あまりしゃべらないが活動的、活発な子に見える。

早速 「PCRT」に入った。

続きを読む

このページのTOPへ

女児の蕁麻疹とストレス

報告者 :岩崎 久弥 B.C.Scけんこうカイロプラクティックセンター )                                            2010.7.27

【患者】3歳 女児(二卵性双生児)
【主訴と病歴】

平成21年9月より、全身に蕁麻疹が出て、病院を受診。原因は不明。
平成22年5月まで、内服薬を3回替えながら、薬の服用を続けているが蕁麻疹の症状が出ている。現在では、蕁麻疹が顔面・背中・右殿部・左頸部・鼡径部に症状が集中。特に、顔面(眉間下から左の頬にかけて)は、暑くなると症状が出ている。またかゆい部分を掻きむしると、蕁麻疹がでてきてしまうとのことでした。
また保育園に送っていくと、離れるのが嫌で泣いてしまうのをお母様が困っていました。お母様自身も、このお子様だけに育児がし難いというストレスを持っていました。

【検査と治療・初診】視診では、背中と殿部に蕁麻疹の症状がみられた。
アクティベータメソッド(ベーシックスキャンプロトコル)にて、神経機能障害の施術を行った。ベーシックのほとんどの部位で神経機能障害が見られました。
その後、心身条件反射療法(PCRT)のストレス検査を行うと、母親との関係性のストレスが見られた。
その後、母親との関係性のストレスを詳細に分析すると、「なぜ怒られるのか」「口調が怖い」との反応。すぐに心身条件反射療法にて、ストレスを開放させました。

続きを読む

生理不順・肩こり

報告者 :朝倉穂高 B.App.Sc(chiro),BCAMP.,心身条件反射療法師                                                   2008.10.22

【患者

20歳代後半 女性 職業:会社員(デスクワーク)
【主訴】①生理不順 ②浮腫み(下肢中心) ③冷え性 ④肩こり 
【病歴】12歳(初潮がはじまる)~現在まで生理不順とそれに伴う腰痛。
  20~21歳頃から3~4年間は一時的に正常に戻った(理由は不明)。
> 25歳から仕事を始め、その頃から再び、生理不順になる。
  あわせて、下肢を中心に浮腫みやすく、冷え性になった。
> 学生時(中学か高校くらい)~現在まで肩がこる。
> 18歳~7~8年間、血尿が出続けた(原因は不明)、その後は急に出なくなった。
【所見・検査】

姿勢 :頭部傾き(左) 肩の高さ(左) 肋骨隆起(無) 腸稜の高さ(等) 逃避姿勢(無) 

ROM(腰部・頚部含む)
頚部: 屈曲(緊張) 伸展(正常) 左回旋(正常) 右回旋(正常) 左側屈(緊張) 右側屈(緊張)
腰部: 屈曲(正常) 伸展(痛) 左回旋(↓) 右回旋(正常) 左側屈(正常) 右側屈(正常) 

血圧 (座位にて):117/67 mmHg 心拍数:91/min
触診: 頚部、腰部、腹部に強い筋緊張と圧痛

続きを読む

施術者の紹介一覧へ

「天からの授かりもの 不妊治療に夫婦(家族)で望む」

報告者 :朝倉穂高 B.App.Sc(chiro),BCAMP.,心身条件反射療法師                  2007.10.6

【不妊症について

・日本で不妊症に悩むカップル 10組に1組。 

・何らかの不妊治療を受けている人は30万人近いと推測。 


不妊症の一般的な定義 

「妊娠を望みながらも2年以上妊娠しない状態」 

※      これは健康なカップルが避妊をせずに、定期的にセックスしていることを前提としたもの。

妊娠までの大まかなプロセス
① 男性が射精した精子と、女性の卵巣から排卵した卵子が、卵管部分で受精。
② この受精卵が分割しながら子宮にたどり着き、子宮内膜に着床。
③ 妊娠の成立。 

不妊の主な原因
・「射精・排卵・受精・着床」
上記の4つの段階に不妊の原因があれば妊娠は難しくなる。
(別の部分に原因があることも珍しくない) 

男女に関わる原因
・セックスレス。
・環境ホルモンの影響。 

女性側の主な原因
・女性の初婚年齢の上昇。
・子宮内膜症などの病気の影響。
・その他。 

男性側の主な原因
・精索静脈瘤管。
・精子数の減少。
・ストレスなどによる勃起不全。 

その他
・男女どちらにも原因が見つからないにも関わらず、妊娠しない=原因不明、タイミングの問題。
・妊娠後の流産、何度も流産を繰り返す「不育症」も深刻。 

≪体外受精や顕微授精などの生殖補助医療(ART)≫
生殖補助医療により誕生した乳児。2001年には13,158人を数え、出生児全体の100人に1人以上。 

<参考>
・不妊治療を受けている患者数:平成10(1998)年度厚生科学研究費補助金厚生科学特別研究
「生殖補助医療技術に対する医師及び国民の意識に関する研究」では、不妊治療の患者数を284,800人と推測。
・女性の初婚年齢:1970年は24.2歳、2002年には27.4歳。「人口動態統計」(厚生労働省)より。
・2001年の生殖補助医療による出生児数:『日産婦誌』55巻10号より。
・2001年(平成13年)の出生数:1,170,662人。「人口動態統計」(厚生労働省)より。

続きを読む

このページのTOPへ

葉状腫瘍

報告者 :岩崎 久弥 B.C.Sc(けんこうカイロプラクティックセンター

【患者さんの情報

30歳 女性 独身 
主訴:左胸にできた葉状腫瘍(約3センチ)・精神不安定・自律神経失調・対人関係不安。 
けんこうカイロプラクティックセンターの患者さんでもある父親の薦めで、来院。

【施術の経過】

2005年に総合病院を受診した結果、葉状腫瘍と診断、その後1年間で葉状腫瘍が大きくなっているために、乳房温存療法でなく、乳房をとる手術を進められた。しかし30歳ということもあり、手術を拒否。代替療法を選択。平成18年9月30日にけんこうカイロプラクティックセンターにて施術を開始。 

検査では、アクティベータ・メソッド・カイロプラクティック・テクニック(以下:AMCT)にて、身体のエネルギーブロック(以下:EB)が左肩関節付近に多くのエネルギーブロック(以下EB)あり。 心身条件反射療法(PCRT)にて、検査を行い、葉状腫瘍部に、対人関係(仕事)のストレスがみられた。


初診時より、約2週間に一度の頻度で治療を行い、5月26日までに23回の治療を行う。 
いつもみられるストレスは仕事の対人関係(上司への対応) 
平成19年5月に、総合病院で1年ぶりに、US検査、MRI検査などを行い、葉状腫瘍が小さくなっていることを確認、医師が腫瘍部位のみの摘出手術可能と判断したために、手術を選択し、同年6月1日に手術。 

また手術後には、乳房の腫れと痛みを訴えて、術後1週間目に来院。 肉体面のEBは、肩関節周辺と脊中に多く見られ、 感情のEBは、切除した部位の病理診断の結果を心配がありました。

続きを読む

このページのTOPへ

妊娠中のつわり

報告者 :岩崎 久弥 B.C.Sc(けんこうカイロプラクティックセンター

 

38歳の女性がつわりを訴えて来院。現在は第2子の妊娠中(4か月)とのこと。
いつも来院される患者さんなので、アクティベータメソッドで身体の神経バランスを整えた後、つわりの原因を検査していくと、「先行きの不安」というストレスが反応を示してきたので、患者さんに確認すると、昨年、流産を経験したということで、そのときの経験から、「流産してしまうのではないか」という不安を持っているとのことであった。


また経絡は心経に関係しており、ストレスを開放する治療を施した。その結果、つわりはほとんど治まったという、ご報告をいただいた。

続きを読む

このページのTOPへ

出産後の子宮脱出のケア

報告者 :岩崎 久弥 B.C.Sc(けんこうカイロプラクティックセンター

【患者】

Bさん 30歳代 女性

【主訴】子宮が外に出てしまう症状(子宮脱出)と出産後のメンテナンスを兼ねて来院。頭痛、頸部痛、歯痛、腰痛(起きあがる時に痛み)
【病歴】妊娠中より頭痛・歯痛・頸部痛・腰痛を訴えている。
【治療経過】Bさんは、第3子出産後7日目に助産師さんからの紹介で、けんこうカイロプラクティックセンターに来院されました。出産後から、起きあがれないほどの腰痛を訴ええていました。
まず、アクティベータ・メソッド・カイロプラクティック・テクニック(以下AMCT)で、身体バランスの調整を行ったところ、とくに大きな神経バランス異常はみられませんでした。AMCTでの治療後には、かなり腰の痛みも軽減していたのですが、まだ腰に痛みが残っていたので、心身条件反射療法にて、エネルギーブロックの検査を行っていくと、

続きを読む

このページのTOPへ

出産後の後陣痛のケアとメンテナンスについて

報告者 :岩崎 久弥 B.C.Sc(けんこうカイロプラクティックセンター

【患者】

Aさん 30歳代 女性

【主訴】出産後の後陣痛の痛みの緩和とメンテナンス
【病歴】子供を産むごとに、後陣痛が強くなり、産後の肥立ちを心配するようになった。
【治療経過】Aさんは、妊娠中よりアクティベータ・メソッド・カイロプラクティック・テクニック(以下AMCT)と心身条件反射療法により、腰の痛みや身体のメンテナンスを行っていました。
3日前に第4子を出産し、出産後の後陣痛と産後の骨盤の調整を行うために来院されました。出産は陣痛から6時間後にされて、安産とのことでした。AMCTにおいて、身体の調整を行いましたが、妊娠中よりカイロプラクティックケアを行っていたせいか、特に大きな神経バランスの崩れはなく、標準的な治療を行いました。その後、心身条件反射療法にて、エネルギーブロックの検査をしていくと、肝経に先行きの不安の反応がでており、そのエネルギーブロックを解放したところ、後陣痛が和らいでいったいき、また治療中のお腹の中でピンポン球ぐらいのたまが降りていくような感じがあったとの感想をいただきました。

続きを読む

このページのTOPへ

アトピーと心の本音

報告者 :山中 英司 B.C.Sc(陽開カイロプラクティック

【患者

小学生1年生、女の子
【主訴】肘の裏、首周り、膝の裏のアレルギー性皮膚炎のかゆみにより来院。
【病歴】去年の5月ごろから夏にかけて発症・悪化し、去年は一度ステロイドで治ったが、秋から再発した。ストロイドは出来たら使わないで、根本から改善を希望。症状は皮膚の痒み。症状が悪化するタイミングは、学校にいる時、食べ物が合わなかった時、夜寝る前に痒くなることが多い。原因はよく分からない。
【治療経過と考察】

この女の子は、継続治療で、症状が出てくると施術を受けに来院されると言う感じなのですが、そのたびに、見えてくる根本の原因は、「お母さんへの愛情による抑圧さえた本音」でした。
この子は、性格的に自分の心の弱い部分を人に見せたがらず、またふたり姉妹の姉と言うこともあり、無意識に良き姉として自分の本音を抑えているところが見受けられました。
依存の段階にある幼い子供にとって、自分の幸せの基準はお母さんになります。ですので、お母さんの前ではいい子でいたいと思うのでしょう。

続きを読む

このページのTOPへ

2歳・保育園児の構音障害

報告者 :朝倉穂高 B.App.Sc(chiro),BCAMP.,心身条件反射療法師(ハーモニーカイロプラクティック オフィス)

 

構音障害(こうおんしょうがい)とは?
発音が正しく出来ない症状を言う。 (『構音』とは医学的用語であり、言語学上では『調音』と言う。一般には『発音の操作』と理解される。狭い意味では咽頭以上の音声器官の操作を言う。)
喉頭の障害である発声障害とは区別される。

分類
1、器質性構音障害 - 音声器官における形態上の異状により引き起こされる発音上の障害。 
2、運動性構音障害 - 音声器官の麻痺により引き起こされる発音上の障害。 
3、聴覚性構音障害 - 聴覚の障害による二次的な発音上の障害。 
4、機能性構音障害 - 上記のような医学的原因の認められない本態性の発音の障害。 

治療法:
上記1、2、3については医学的原因の除去、リハビリ的訓練を行う。

4については*言語聴覚士による指導治療の効果が大きく、成人後であっても完治することが多いので、この種類のものを「障害」と呼ぶのはふさわしくないという学説もある。

*言語聴覚士(げんごちょうかくし、英Speech-Language-Hearing Therapist)とは、言語聴覚士国家試験に合格し、厚生労働省に備えてある「言語聴覚士名簿」に登録された者である。

【患者

2歳と半年 男性 保育園児
【主訴】突発性構音障害を訴えている。あることがきっかけとなり、ヤ行の発音がうまくできない。

続きを読む

このページのTOPへ