脳の誤作動記憶を調節する心身医療 心と脳と身体との関係性 -心身条件反射療法協会のサイトー

  脳に学習された誤作動記憶を調整する心身相関統合療法

 心身条件反射療法
(ニューロパターンセラピー)

Psychosomatic Conditioned Reflex Therapy

   事務局: 〒810-0001 福岡市中央区天神3-3-6 天神サンビル7F 
 

お問い合わせの際は、
お名前とご連絡先をお知らせください

092-761-0086

平衡感覚器系の症状

平衡感覚器系の症状

運動会の練習時にトラックを走った時のめまい

報告者 : 広沢 祥一 (広沢カイロプラクティック)                   2016.7.8

 

患者さんは、小学1年生の男の子です。運動が大好きでスマホゲームも大好きだそうです。

 

主訴は、運動会の練習で、まっすぐ走っているときは良いが、コーナーリングの時に気持ちが悪くなり走れなかった。
最初からPCRTでアプローチしました。

 

信頼度9

 

スクリーニング検査 小脳 眼球運動検査で右側左側右斜め上左斜め上で筋肉の弱化とレッグテストで陽性が出ました。

続きを読む

めまい、ふらつき、首痛、息苦しい

報告者 : 野間 実 (てんびんカイロプラクティック整体院)                      2015.12.16  

【患者

40代前半 女性 首痛、めまい、ふらつき、息苦しい
【はじめに】半年前から首に痛みと重だるさを感じているとのことです。
数週間前から車に乗るとめまい・ふらつきがひどくなり、運転ができなくなっているとのことでした。
約10年前から息ぐるしくなるという症状もあります。
【主訴】 
 

車で運転ができないと、生活に支障が出るとのことでした。
運転中に、突然首痛がおき、めまいやふらつきがおこり、運転できなくなるとのことでした。

【治療】

毎回、アクティベータ・メソッドとPCRTで施術していきました。

 

初日
•    首まわり→抑制系の調整をしました。
•    価値観「刺激・変化・挑戦」で調整しました。詳しくお聞きしませんでした。

続きを読む

めまい

報告者 : 土子 勝成 B.C.Sc(Tsuchiko カイロプラクティックオフィス

【Wikipedia】めまいは、目が回るようなくらくらとした感覚の総称である。眩暈・目眩・眩冒などと書く。眩は目がかすみ目の前が暗くなることで暈はぐるぐる物が回ってみえたり、物が揺れ動いて見えること。目眩は目がかすみ頭がくらくらすること。眩冒はひどく頭がくらくらして目の前が暗くなることとなる。単にめまいと言われたとき、人によって表現したい現象が異なっていることがめまいの特徴である(=様々な症候を示している)。医学的には視覚、平衡感覚と固有感覚の不統合によって感じる感覚と言われている。運動失調とは区別が必要である。
【患者】61歳 女性 主婦
【主訴】めまい
【問診】 
 

ご主人の仕事の関係で海外生活の多い女性でしたが、10年前に住んでいた海外で、天井が回るめまいが起こり、次の日から起き上がる事が出来なくなるほどでした。当時海外の医療施設はひどく約1年ほど寝ていたそうです。その後日本に帰国し専門医にみてもらうと、仮面ウツと診断されました。その後も、たびたびめまいが起こり、来院の2ヶ月前からひどくなったそうです。この10年は引きこもり状態で、家事も出来ないとの事でした。
症状は、頭を下に向けると周りの壁や天井や自分が回るめまいです。このように自分や周りが回っている感覚のめまいは、三半規管、前庭神経、脳幹の異常などで生じると専門的には言われています。

続きを読む

めまい

報告者 : 関 隆一 B.C.Sc(カイロプラクティックオフィスSEKI

【患者】40代女性
病院内勤務
【既往歴】回転性のめまい感が数年前に発症したが、その後再発はしていないとのこと。
また、季節の変わり目に必ず「涙」「鼻水」「クシャミ」の三大症状がでる酷い花粉症だったが、当院にてPCRTの施術にて全快。以後症状は出ていない。
【主訴】前触れもなく突然のフラフラ感がでて家事や業務に支障が出たとのこと。今までには無いめまい感だった
【めまいの分類】 
 

『めまいとは、自己と外界との間の相対的な位置関係について不調和感を感じている状態をさす。これは自分自身ないし周囲が回転するような運動感を伴うもの(真のめまい、ないし回転性めまいvertigoという)とこれを伴わないもの(めまい感dizzinessという)とにわけられる(必修内科学 改訂第五版 南江堂より抜粋)。』
・回転性めまいについて
関係がある病気はメニエール病、突発性難聴、内耳炎、前庭神経炎、内耳循環障害などがあげられます。
・非回転性めまいについて
関係がある病気は小脳や脳幹の出血、脳梗塞、脳腫瘍、一過性脳虚血発作、第八脳神経腫瘍、椎骨脳底動脈循環不全などがあげられます。
今回の場合は目が回っていないので「非回転性めまい」ということになります。メニエール病のように耳が聞こえ難いこともないので間違いはないと思います。

続きを読む