脳の誤作動記憶を調節する心身医療 心と脳と身体との関係性 -心身条件反射療法協会のサイトー

  脳に学習された誤作動記憶を調整する心身相関統合療法

 心身条件反射療法
(ニューロパターンセラピー)

Psychosomatic Conditioned Reflex Therapy

   事務局: 〒810-0001 福岡市中央区天神3-3-6 天神サンビル7F 
 

お問い合わせの際は、
お名前とご連絡先をお知らせください

092-761-0086

腰の痛み

報告者 : 北野 昭子 先生(獣医師)どうぶつ心とからだの治療院)                2011.11.7

【患者

ペット名 : タロー
性別 : ♂(去勢)
BW : 12㎏
種類 : ビーグル
生年月日 : 2002年2月5日
【病歴・症状】2011.1.25 胸椎部ヘルニア手術 起立・歩行不可
排尿コントロール不可
手術して3か月が経過したが、起立・歩行できない、手術した部位の毛が生えてこない、とのことで来院。
固有位置感覚-
屈曲引出反射+(鈍い、特に左後肢)
後肢筋肉の削痩
現在、手術部上方からK1部にかけて、低周波治療とスクワット、サイクリング運動などリハビリテーション継続中。
ヘルニア専用コルセットを購入したが、それを使わず、腰だけのサポートで歩行訓練させたところ、腰を痛めた。
(今回のレポートは、この腰の治療についてです)
【症状】腰、特に右腰に痛み(押すと振り向いて咬もうとする)
【治療】心身条件反射療法(PCRT)にて治療を行った。
飼い主さんを代理にして、この腰の痛みがどこで取り除けるのか、飼い主さんに患犬を膝に抱いてもらい、飼い主さんの下肢長検査を行って調べた。(代理テスト)
上部頸椎のC2で取り除けると判明したので、患犬の腰に圧痛を加えてからすぐに、C2部にアクティベータ器でアジャスメントを行った。
さらに、経絡でも取り除けると判明したので、その経絡を飼い主さんで調べると、左膀胱経という結果だったので、患犬の左後肢第五指に触れてもらい、飼い主さんに深呼吸してもらいながら、呼気の最後にアクティベータ器で振動刺激を加えた(計3回)。
治療前の腰の痛みを10とすると、3ぐらいまで痛みが軽減した。
次の週に来院した時には、痛みがなくなっていた。
これ以降、歩行訓練など運動療法をするときは、コルセットの装着を徹底してもらったところ、腰痛の再発は今のところなし。

動物の施術に戻る