脳の誤作動記憶を調節する心身医療 心と脳と身体との関係性 -心身条件反射療法協会のサイトー

  脳に学習された誤作動記憶を調整する心身相関統合療法

 心身条件反射療法
(ニューロパターンセラピー)

Psychosomatic Conditioned Reflex Therapy

   事務局: 〒810-0001 福岡市中央区天神3-3-6 天神サンビル7F 
 

お問い合わせの際は、
お名前とご連絡先をお知らせください

092-761-0086

息苦しさ、喉の違和感、脱力感

報告者 : 野間 実 (てんびんカイロプラクティック整体院)                                                           2014.1.6

【クライアント

30代 女性 外国出身
地元の高校卒業後、日本に留学。日本で就職後、日本国籍を取得。
数年前、出身国の方とご結婚。
【主訴】息苦しい、喉の違和感 脱力感…仕事を辞めた前後から発症。
その他 肩こり
【治療】

2011年9月20日に初来院
1回目から5回目までAMのみ。
⇒肩こりが初回でなくなる。
⇒息苦しさもその場では消失。しかし、繰り返し息苦しくなる。  

6回目からAM+PCRT
⇒PCRTでは、地元から遊びに来る親戚のことで反応することが多い。
⇒施術をするたびによくなるが、繰り返し同じ症状が現れる。
⇒脱力感がかなり改善される。
 
12回目
「視覚」―「人」―「過去」―「前の仕事関係」
⇒上司への不満(上司が仕事を押し付けてくる。上司は仕事をしない。仕事の実績は全て上司のものになる。仕事上の提案をしても、上司は聞き入れてくれなかった等)
⇒施術後、かなり改善された。
 
17回目
「姿勢」「立っている時」「家の中(台所)」
(前の交際相手とよくご飯を一緒に作った。しかし、その方とは別れた。)
⇒両親が離婚していて、その問題を引きずっているようだった。
⇒涙を流しながら、笑顔で「治りました」と言われて帰って行かれた。
⇒喉の違和感も同時に消失した。

【考察】その後、定期的に来られているが、息苦しいという症状は、今(2011年12月24日)のところ出ていない。
この方は、特に前の仕事での上司との関係、台湾にいる父親との関係、親戚、前の交際相手が影響していた。前の交際相手との関係では、父親から男性についてネガティブな話を聞いて育ち、その考えがどうしてもぬぐいきれなかったと言われていた。
その後、メンテナンス中にPCRTをしていると、父親との関係がうまくいっていないことが、いろいろな人間関係に影響していると気付かれていた。そういった考え方や感じ方が症状に影響していたことなどがPCRTを通して理解できて、安心できたようである。