脳の誤作動記憶を調節する心身医療 心と脳と身体との関係性 -心身条件反射療法協会のサイトー

  脳に学習された誤作動記憶を調整する心身相関統合療法

 心身条件反射療法
(ニューロパターンセラピー)

Psychosomatic Conditioned Reflex Therapy

   事務局: 〒810-0001 福岡市中央区天神3-3-6 天神サンビル7F 
 

お問い合わせの際は、
お名前とご連絡先をお知らせください

092-761-0086

生理不順・肩こり

報告者 :朝倉穂高 B.App.Sc(chiro),BCAMP.,心身条件反射療法師                                                   2008.10.22

【患者

20歳代後半 女性 職業:会社員(デスクワーク)
【主訴】①生理不順 ②浮腫み(下肢中心) ③冷え性 ④肩こり 
【病歴】12歳(初潮がはじまる)~現在まで生理不順とそれに伴う腰痛。
  20~21歳頃から3~4年間は一時的に正常に戻った(理由は不明)。
> 25歳から仕事を始め、その頃から再び、生理不順になる。
  あわせて、下肢を中心に浮腫みやすく、冷え性になった。
> 学生時(中学か高校くらい)~現在まで肩がこる。
> 18歳~7~8年間、血尿が出続けた(原因は不明)、その後は急に出なくなった。
【所見・検査】

姿勢 :頭部傾き(左) 肩の高さ(左) 肋骨隆起(無) 腸稜の高さ(等) 逃避姿勢(無) 

ROM(腰部・頚部含む)
頚部: 屈曲(緊張) 伸展(正常) 左回旋(正常) 右回旋(正常) 左側屈(緊張) 右側屈(緊張)
腰部: 屈曲(正常) 伸展(痛) 左回旋(↓) 右回旋(正常) 左側屈(正常) 右側屈(正常) 

血圧 (座位にて):117/67 mmHg 心拍数:91/min
触診: 頚部、腰部、腹部に強い筋緊張と圧痛

【治療経過】【リリースまでの治療回数 4回】
> 初回の治療にて、身体がとても楽になったという。  
> 治療継続の結果、生理も正常になり、腰の痛みが全くなくなった。
> 肩こりが最後まで残ったが、最終的には、ほぼ気にならない状態になる。
> 起床時のこりは、仕事中など時々痛いと感じることがあったが、それもなくなり
現在、メンテナンスにて時々、来院される。

 

【考察】主訴は、生理不順でしたが、これに関しては、全体的な神経バランスが整ったことにより、自律神経が活性化され、その結果、正常のリズムに戻ったものと思われます。
肩こりに関して、心身条件反射療法で、緊張パターンを分析した結果、主に、仕事関係での緊張が、肩こりに関与していることが分かりました。これらを、リラックスパターンに切り替えた所、反応はなくなり、全体的な体調面も良好に維持されるようになりました。

婦人科系・乳幼児の施術に戻る