脳の誤作動記憶を調節する心身医療 心と脳と身体との関係性 -心身条件反射療法協会のサイトー

  脳に学習された誤作動記憶を調整する心身相関統合療法

 心身条件反射療法
(ニューロパターンセラピー)

Psychosomatic Conditioned Reflex Therapy

   事務局: 〒810-0001 福岡市中央区天神3-3-6 天神サンビル7F 
 

お問い合わせの際は、
お名前とご連絡先をお知らせください

092-761-0086

中学生の突発性難聴

報告者 :青柳 大士  けんこうカイロプラクティックセンター)                                                         2010.3

【患者】

14歳男性

主訴

左耳の聴力低下、耳鳴り、頭痛

診断名

突発性難聴

 

2週間前から主訴出現。近医にて突発性難聴の診断を受けるが、受診が遅いと言われ「薬が効かないので治らないかもしれない」と言われた。

母が当センターでケアを受けているため、相談があり来院してもらった。

 

近医で低音の障害と言われており、術前検査では128Hz音叉で外耳孔から2cmでやっと聞こえる程度。

耳鳴りも強いようで「キーンと言う音が常にある感じ。」その音のせいで聞こえにくいようだ、との事。

また頭痛もかなりひどくVAS10。本人もストレスがたまっている、とカルテの特記事項欄に記述しているように、原因はストレス性が疑われた。

 

まずはAMCTベーシックを行い、この時点でやや軽快感があり、音叉も5cmまで聞こえるようになった。

PCRTでは五感のうち聴覚に反応を示し、物音関係が疑われた。

思い当る事がないかどうか聞いてみると、学校の寮住まいで部屋にドアが無く、部屋に入ってくる友人のスリッパの音が気になるとの事。これを切り替えた。

再度検査すると、体感覚に反応し姿勢座位で陽性。寮の部屋で座った状態で友人関係のストレスがあるとの事。これを切り替えた。

初回はこれで終了。

術後の検査で音叉は左右差なしまで回復。耳鳴りも減少した。

 

一週間後再診。たまに耳鳴りがして、その時は聞こえにくいが、通常時はほとんど回復したとの事。音叉も左右差なし。

AMCT後、耳鳴りに対してPCRTを施行。

前回同様、聴覚物音足音で反応。前回とは少し視点を変えてもらって切り替えた。

さらに、キーンという音に対し【PCRTの記憶消去法】を施行。

術後、耳鳴りの消失を自覚。

 

多忙のため再来院予約していなかったが、一週間後、母から連絡があり耳鳴り、聴力障害、頭痛の自覚症状はなく、完全に治ったようだとの事。

医師からは回復しないかもしれないと言われた突発性難聴がPCRTにより劇的に改善した一例である。

目・耳・鼻・のどの症状