脳の誤作動記憶を調節する心身医療 心と脳と身体との関係性 -心身条件反射療法協会のサイトー

  脳に学習された誤作動記憶を調整する心身相関統合療法

 心身条件反射療法
(ニューロパターンセラピー)

Psychosomatic Conditioned Reflex Therapy

   事務局: 〒810-0001 福岡市中央区天神3-3-6 天神サンビル7F 
 

お問い合わせの際は、
お名前とご連絡先をお知らせください

092-761-0086

出産後の後陣痛のケアとメンテナンスについて

報告者 :岩崎 久弥 B.C.Sc(けんこうカイロプラクティックセンター

【患者】

Aさん 30歳代 女性

【主訴】出産後の後陣痛の痛みの緩和とメンテナンス
【病歴】子供を産むごとに、後陣痛が強くなり、産後の肥立ちを心配するようになった。
【治療経過】Aさんは、妊娠中よりアクティベータ・メソッド・カイロプラクティック・テクニック(以下AMCT)と心身条件反射療法により、腰の痛みや身体のメンテナンスを行っていました。
3日前に第4子を出産し、出産後の後陣痛と産後の骨盤の調整を行うために来院されました。出産は陣痛から6時間後にされて、安産とのことでした。AMCTにおいて、身体の調整を行いましたが、妊娠中よりカイロプラクティックケアを行っていたせいか、特に大きな神経バランスの崩れはなく、標準的な治療を行いました。その後、心身条件反射療法にて、エネルギーブロックの検査をしていくと、肝経に先行きの不安の反応がでており、そのエネルギーブロックを解放したところ、後陣痛が和らいでいったいき、また治療中のお腹の中でピンポン球ぐらいのたまが降りていくような感じがあったとの感想をいただきました。
【考察】妊婦さんが腰痛の時は、病院では、治療法が限られているために腰痛を我慢している方が多いようです。しかしAさんのように妊娠中から神経バランスと心のケアを行っていると、出産自体が軽くなるようです。また出産後はやく神経バランスと心のケアを行うと、産後の経過もよいようです。
お母さん方は、生まれてきた子供の先行きなどを考えて、身体バランスを崩すこともわかっていますので、産後に身体と心のケアを行うことをオススメします。

妊婦・乳幼児の施術に戻る

このページのTOPへ