脳の誤作動記憶を調節する心身医療 心と脳と身体との関係性 -心身条件反射療法協会のサイトー

  脳に学習された誤作動記憶を調整する心身相関統合療法

 心身条件反射療法
(ニューロパターンセラピー)

Psychosomatic Conditioned Reflex Therapy

   事務局: 〒810-0001 福岡市中央区天神3-3-6 天神サンビル7F 
 

お問い合わせの際は、
お名前とご連絡先をお知らせください

092-761-0086

全国大会優勝

報告者 : 保井志之ファミリーカイロプラクティックセンター)                                                    2004.11.24

保井のブログより

全国大会に参加されていた社会人のバトミントン選手が、「優勝しました。」との嬉しい報告を受けた。
この患者さんは、10年以上も前から膝の調子が悪く、整形外科では半月板が磨り減っているでしょうとのことで、筋力をつけるように指導され、整骨院などで治療を受けるが、思わしくなく紹介でファミリーカイロに来院。

5回ぐらい治療を受けた後に、試合をしても膝の痛みがほとんどなかったと喜ばれ、その後、2回ほど治療して全国大会に出場して、膝の痛みはまったくなかったとのことで優勝までされた。
試合後、大腿部の後面の痛みと腰の痛みがでたとのことで治療に来られたが、この痛みも原因が特定できているので早期に完治するだろう。
西洋医学ではスポーツドクター等とスポーツ専門のドクターの認定制度がある。カイロプラクティックでも西洋医学と同様にそのような認定制度があるが、人間の原理原則を基準に治療を行なう場合、スポーツ選手であろうが、デスクワークの社会人であろうが、本質的な治療を行なう場合、それほど治療法が変わるものではない。
最終的に行き着くところは心と身体の調和であり、スポーツ選手も最終的にはメンタル面のバランスが大切なポイントとなる。

スポーツ障害に戻る