脳の誤作動記憶を調節する心身医療 心と脳と身体との関係性 -心身条件反射療法協会のサイトー

  脳に学習された誤作動記憶を調整する心身相関統合療法

 心身条件反射療法
(ニューロパターンセラピー)

Psychosomatic Conditioned Reflex Therapy

   事務局: 〒810-0001 福岡市中央区天神3-3-6 天神サンビル7F 
 

お問い合わせの際は、
お名前とご連絡先をお知らせください

092-761-0086

女児のじんましん

報告者 : 岡部 留美 (カイロプラクティック すかっとハウス)                   2015.6.15

【患者

6才6ヶ月
女児

【症状】じんましん
3才3ヶ月の時、日本脳炎ワクチン接種の当日夜に蕁麻疹発疹。以後、部位不特定、発症タイミング不定のまま3年6ヶ月経過。(発疹間隔が一週間空くことは無い)
アレルギー科に受診した際、卵にアレルギー反応があると診断。
【施術の経過】

第1回目11月15日
フィンガー検査で脊柱に陽性
次に、カラー調整法(オレンジで打ち消し)

 

第2回目11月26日
1回目の治療後、蕁麻疹は出ていないと云う。
脊柱EB1ヵ所のみ。

 

第3回目12月5日
11月28日に蕁麻疹が一度出たが、すぐ引いたと親の証言。
本人に、「痒い痒いになったの?」と問うと「イイヤー」と、全く痒くなかったようで意識になかった。
この日、リンゴを食べても蕁麻疹が出ると訴え、カラーで調整(オレンジ)

 

第4回目12月19日
前回の当日、リンゴを5ミリほどのスライスにして2枚食べたが発疹は出なかったと。
脊柱EBブロック1ヵ所にPCRT振動法のみ。

 

第5回目1月9日
脊柱EBブロック1ヵ所にPCRT振動法のみ。
前回の治療から20日経過したが目立った発疹は出ていない。

【感想】患者が幼い子供なので、ちょっとの時間も、じっとしていられない事と、PCRT振動方法を使おうとすると、ケラケラ笑って転げ回りタイミングを掴むのが難しかった。
「痒い痒い」のイメージと言っても、上手く伝わるか心配だったので、実物の卵とリンゴを触ってもらい、「はい、卵です」卵掛けご飯をします。「食べまーす」「アアー美味しい」「痒い痒いにはなりません」と誘導イメージを促しながら進めました。
これで本当に効果が出るのか半信半疑でしたが、1月9日の最後の治療以来、怪しいのが一度あったが直ぐ引き、特に痒がる発疹はないとの報告でした。(6月12日現在)
先に母親が患者だったので、話の流れの中で娘の症状を聞き、心身条件反射療法(PCRT)の説明をしました。
薬を使わない療法に大変、感激を受けられました。