脳の誤作動記憶を調節する心身医療 心と脳と身体との関係性 -心身条件反射療法協会のサイトー

  脳に学習された誤作動記憶を調整する心身相関統合療法

 心身条件反射療法
(ニューロパターンセラピー)

Psychosomatic Conditioned Reflex Therapy

   事務局: 〒810-0001 福岡市中央区天神3-3-6 天神サンビル7F 
 

お問い合わせの際は、
お名前とご連絡先をお知らせください

092-761-0086

身体全体が痺れる

報告者 : 日下田 一之(彩整体)                                2015.11.1

 女性 59歳 主婦
【主訴】3か月前より1日に2,3回身体全体が痺れるとの事。
整形外科、内科、脳神経外科を受診したが異常は見当たらないので以前、通院していた当院に来院。
【問診】

問診時に痺れる部位などを尋ねるが特定の部位なく日によって変わるとの事だが詳しくお聞きすると主に体幹部であった。
約1時間くらい持続する。
上肢・下肢には感じないとの事。
特定の場面や時間帯で症状が出ることは無く主に日中に出るとの事。

来院時は痺れ感は無かった。

当院の施術は以前受けていた為PCRTの説明は省く。

【施術経過】

1回目

・身体が痺れているのをイメージして頂く。
陽性反応

脳神経系:動眼神経EB(エネルギーブロック)反応
対光反射:両側
ペンライトを照射して確認

経絡:胆経(右) 複合刺激:第7チャクラ

呼吸振動法にて施術

フィードバック検査で他の経絡EB反応

膀胱経(左)複合刺激:五感:嗅覚:物の臭い
分野:家族関係:家の中


思い当たる物が何個か有った為、検査を行う。
ペットのトイレで陽性反応

思い浮かべて頂き膀胱経に呼吸振動法にて施術。

フィードバック検査:陰性

施術終了

 

2回目

施術を受けたその日は良かったが翌日は戻ってしまったとの事。
前回の再検査:陰性反応
身体の痺れる感じをイメージして頂くが陰性反応の為、客観的に身体が痺れている姿をイメージをして頂くと陽性反応。

客観的イメージをして頂き五感+で反応
五感:視覚:表情

表情をよくイメージして頂き呼吸振動法にて施術。

再検査で陽性反応の為、リラックスパターンの切り替えを行う。

ご本人が最高に調子の良い状態をイメージしてくれたので切り替わるかを検査。
切り替わる事を確認後、リラックスパターンに切り替える施術を行う。

フィードバック検査陰性の為、施術終了。

3日間の記憶の強化をご自身でして頂く事を約束する。

 

3回目
前回の施術から身体の痺れは無いとの事。
メンテナンス施術を行う。

【考察】

今回の症例は一般的には不思議な症状であるのではないのかと思われる。
検査で異常所見が無ければ治療法の選択も無くなってしまうのではなかろうか。


しかしエネルギーや脳の学習記憶といった視点で考えるとエネルギーブロックというかたちで異常が確認でき辻褄が合う。

治療、2回目の最後の客観イメージできりかえる施術はすんなり1回できりかわったが回数を重ねなければなかなかきりかわらない時もある。
3日間の記憶の強化を患者さんご自身でやって頂いたのも早期改善のポイントだと思われる。

筋骨格系・小脳系に戻る

このページのTOPへ