脳の誤作動記憶を調節する心身医療 心と脳と身体との関係性 -心身条件反射療法協会のサイトー

  脳に学習された誤作動記憶を調整する心身相関統合療法

 心身条件反射療法
(ニューロパターンセラピー)

Psychosomatic Conditioned Reflex Therapy

   事務局: 〒810-0001 福岡市中央区天神3-3-6 天神サンビル7F 
 

お問い合わせの際は、
お名前とご連絡先をお知らせください

092-761-0086

施術者のためのQ&A

施術者のためのQ&A

Q:PCRTをマスターするのは難しいですか?マスターするとどんな症状が改善できますか?

A:PCRTは、様々な自然療法や心理療法のエッセンスを包括的かつ本質的に網羅した治療法です。各プログラムは凝縮された内容になっています。よって、その本質を理解していただくために、1年、2年、3年と継続的に繰り返し受講していただくことをお勧めしています。また、熟練度は様々な領域にまたがった生体反応検査法の正確度にも関係してきますので、まずは、筋骨格系症状などの脳幹脊髄系(反射系)の領域(基礎編1、基礎編2)で結果を出して、自信をつけながら、大脳辺縁系や大脳皮質系へとステップアップされることをお勧めします。

そのように継続して受講され、臨床現場で実際に使われることで、自然にPCRTの熟練度や生体検査法の正確度が増し、臨床家としての自信がついてくると思います。そして、筋骨格系の症状はもちろんのこと、平衡感覚器系、小脳系、内分泌系、アレルギー症状、イップスやジストニアの症状、メンタル系の症状なども自信を持って施術することができるようになります。

Q:途中からPCRT研究会を受講しても理解できますか?

A:PCRTは、様々な自然療法や心理療法のエッセンスを包括的かつ本質的に網羅した治療法です。基礎編1、2、中級編1、2、そして上級編と段階的に学習を深めていただけるブログラムになっていますので、本格的にマスターしたい方は基礎編から学ぶことをお勧めしております。途中から受講することも可能ですが、その場合、翌年の基礎1から繰り返し継続していただかないと、PCRTの全体像を理解していただくことは難しいと思います。また、PCRTの検査に欠かせない「生体反応検査法」の基本は基礎編1で学習しますのでとても重要なプログラムになります。

Q:PCRTは他の治療法と併用できますか?

A:PCRTは、様々な自然療法や心理療法のエッセンスを包括的かつ本質的に網羅した治療法です。基礎編1、2、中級編1、2、そして上級編と段階的に学習を深めていただけるブログラムになっていますので、本格的にマスターしたい方は基礎編から学ぶことをお勧めしております。途中から受講することも可能ですが、その場合、翌年の基礎1から繰り返し継続していただかないと、PCRTの全体像を理解していただくことは難しいと思います。また、PCRTの検査に欠かせない「生体反応検査法」の基本は基礎編1で学習しますのでとても重要なプログラムになります。

Q:患者さんの心理面に触れないと治療ができないのですか?

A:PCRTは心理面に特化した施術法であると、受け止められがちですが、メンタル面だけにフォーカスした施術法ではありません。PCRTは脳の三層構造を基本に、症状の「誤作動記憶」がどのレベルで関係しているかに基づいて検査と施術を進めていく治療法です。大きく分けると2つの施術領域があり、メンタル面が関係していいない領域を「ハード面施術法」、メンタル面が関係している領域を「ソフト面施術法」としております。「大脳辺縁系」や「大脳皮質系」が関係しない筋骨格系の症状などは、脳幹脊髄系(反射系)だけの施術で十分の効果が期待できます。また、心理面が関係しているけれども、無意識領域の心理的な内容を認識することが困難な場合、文字情報やカラー情報(波長)を利用してエネルギー的に施術することも可能です。PCRTは心理面に限らず幅広い領域をカバーできる施術法ですので、患者に合わせて臨機応変に対応することができます。

アクティベータ療法とPCRTはどんな違いがあるのですか?

A:アクティベータ療法(AM)は主に「神経関節機能障害」をターゲットに施術を行います。それに伴って、脊椎関節、並びに関節周辺の神経系(自律神経系を含む)と筋肉系の機能が正常化され、主に筋肉骨格系や自律神経系の機能回復が期待できます。一方、PCRTでは、神経系、エネルギー系、五感適応系、そして、それら全てに関係するメンタル系を統合的に含めて全体論的に捉えます。よって、アクティベータ療法の施術効果も包括的に理解することができますし、併用することも容易にできます。また、PCRTでは、様々な機能障害の原因を「誤作動記憶」=生体エネルギーブロック(EB)として捉えています。AMで施術のターゲットにしている「神経関節機能障害」、もPCRTでは関節系、あるいは筋肉系の「誤作動記憶」として捉えて施術を行います。

Q:肩こりや腰痛などの筋骨格系だけを治療したいのですがPCRTは効果的なのですか?

A:PCRTは、肩こりや腰痛などの筋骨格系の症状に対しても効果的です。あえて言えば、PCRTをマスターすればするほど筋骨格系の症状改善は簡単に思えてくるでしょう。PCRTは神経系、筋肉系だけに関係する機能異常として捉えるのではなく、筋膜系やエネルギー系(経絡・チャクラ・オーラ)も含めた「誤作動記憶」=「生体エネルギーブロック」(EB)として捉えていますので、筋骨格系の機能異常の改善に幅広く役立つことができます。また、PCRTではメンタル系(大脳辺縁系、大脳皮質系)が関係しない筋骨格系の症状を脳幹脊髄系(反射系)として捉えて施術を行いますので、施術者や患者がその領域だけの施術を希望するのであれば、その領域だけに焦点を当てることにより、効果的に施術することが可能です。

Q:ギックリ腰などの急性腰痛にもPCRTは即効性があるのですか?

A:もちろん即効性があります。PCRTは「誤作動記憶」にフォーカスしているので、治りにくい慢性症状にも効果的ですが、PCRTをマスターして慢性症状の改善がスムーズにできるようになると、ギックリ腰などの急性腰痛の症状改善も簡単に思えてきますし、多くの患者で即効性も感じられると思います。また、稀に効果が出ないときにでも、なぜ、その患者に効果が出ないのかの背景(原因)も読み解く事ができます。

Q:患者さんに「なぜこの治療で良くなったのか?」を説明する際、どのように説明されるのですか?

A:患者さんの症状に応じて説明の仕方を工夫する必要があります。
例えば、慢性腰痛が長引いて、他の治療法で治らずにPCRTで改善された場合、『腰痛を起こしていた脳(身体)のクセ(誤作動記憶)が、腰痛を起こさないクセ(適応記憶)に書き換えられて体質改善されたからよくなったのですよ』
食物アレルギー症状が改善された場合も同様に、『食物アレルギーを起こしていた脳(身体)のクセ(誤作動記憶)からアレルギー症状を起こさないクセ(適応記憶)に書き換えられて、体質改善されたから良くなったのですよ』などと説明しています。
PCRTの説明の仕方はいろいろありますが、一般の方に分かりやすいキーワードは「記憶」です。慢性症状が「記憶」に関係しているということを上手に説明することで納得される方が多いようです。

Q:医師が行う治療行為とは異なることをどのように説明したらいいでしょうか?

A:患者のために役立つという究極の意味においては同じかもしれませんが、医師の「病気そのものを治す治療行為」とPCRT施術者の「自然治癒力を高めて、病気改善に役立てる施術行為」、あるいは、「病気のための治療行為」と「健康のための施術行為」という違いがあります。PCRTの施術目的は、自然治癒力を高めて症状改善を促す施術行為です。

注釈)
もしも、医師でないPCRT施術者が、医学的な診断やその治療(外科的処置や投薬)、あるいは治ることを保証するような言動などをとれば法律に触れることになるでしょう。医師であろうが、PCRT施術者であろうが、問題になるのは施術者と患者との信頼関係(ラポール)だと思います。大切なことは、患者自身の自然治癒力を高めることを大前提にした施術法であることをしっかりと説明し、お互いの同意の上で施術を行うことが大切だと思います。