脳の誤作動記憶を調節する心身医療 心と脳と身体との関係性 -心身条件反射療法協会のサイトー

  脳に学習された誤作動記憶を調整する心身相関統合療法

 心身条件反射療法
(ニューロパターンセラピー)

Psychosomatic Conditioned Reflex Therapy

   事務局: 〒810-0001 福岡市中央区天神3-3-6 天神サンビル7F 
 

お問い合わせの際は、
お名前とご連絡先をお知らせください

092-761-0086

PCRTとAMによるゴルフのドライバーイップスの施術経過(シリーズ1)

報告者 : 保井 志之(ファミリーカイロプラクティックセンター)                                    2017.4.13

1年以上ドライバーイップスの患者さんが、4回の施術で改善へと向かった。
その経過を4回シリーズで辿る。
シリーズ1
【患者情報】

40代男性、会社員、アマチュアの試合にも出場されているとのこと。以前はゴルフのスコアが70台だったが、今では90台になっているらしい。さらにいい成績を上げるためにプロのコーチからも指導を受けているが、なかなか改善しないという。イップスの症状は、1年2ヶ月前より発症。遊びのラウンドよりも試合の時の方が悪化する傾向がある。アイアンやパターのスイングでは全然問題ない。しかし、ドライバーショットの際に振り上げてから、腕がスムーズに降りてこない症状がでるらしい。

【1回目の施術】 
【目安検査】陽性反応
筋肉・関節(自動運動)=右肩関節、右鎖骨関連関節、右肘関節、右大胸筋
症状イメージ=ドライバーのスイング(実際に球を打つ際に陽性反応、球を打たない素振りは陰性反応)

【ハード面調整(肉体内関係の誤作動記憶調整)】

AM(アクティベータ・メソッド)とPCRT(心身条件反射療法)でハード面調整を完了。ハード面調整完了後、症状イメージ(イップス)以外の目安検査は消失。

【ソフト面調整(肉体内関係の誤作動記憶調整)】

症状イメージのEB(誤作動記憶)から施術開始
術者:それでは、先ほど説明させていただいた検査チャートを使って、イップス症状に関係する無意識の誤作動記憶のキーワードを探していきます。
『PCRT誤作動記憶検査チャートを使いPRT(生体反応検査法)を行う』
『大脳辺縁系→信念チャート→同情心でPRT陽性反応』
術者:同情心で反応が示された場合、否定的な同情心と、何かの事柄や考えを共有して同じ心情を共有したりする肯定的な同情心の場合もあります。別の検査チャートを使ってもう少し的を絞ってみましょうか?
分野→友人関係→ゴルフ関係・・・
患者:もしかすると先輩かな・・
術者:その先輩のイメージで検査してみましょうか・・・『PRT(生体反応検査法)を行う』・・・陽性反応が示されているので、その先輩が関係していると思います。どんな関係ですか?
患者:その先輩はゴルフを始めるきっかけになった人ですね。その先輩も試合にでているし、気が会う人ですね。
術者:そうですか。それでは、そのことが身体に影響を及ぼさないように調整しますので、気の合う先輩のことをゴルフ関係も含めて意識してもらえますか?
患者:はい。(先輩関係のイメージ)
『PCRT呼吸振動法を施す。続いてPRTによる検査』
術者:その先輩に関係する「同情心」の誤作動記憶は調整できましたので、再度、ドライバーショットのイメージをしてもらえますか?(フィードバック検査)
患者:はい。(ドライバーショットのイメージ)
術者:陽性反応が示されていますので、他の誤作動記憶があるということですね。それでは再度、検査チャートを使って検査をしてみましょう。
『大脳辺縁系→信念→自尊心で陽性反応』
患者:自尊心に関係するとしたら、ゴルフ関係のプライドかな? ドライバーショットの距離とか?
術者:経験からくる自尊心ですね。それでは、そのことをイメージしてください。
『PRTによる検査』
術者:陽性反応が示されていますので、そのことを思ってもらいながら調整します。
患者:はい。(自尊心に関係するイメージ)
『PCRT呼吸振動法を施す。自尊心のフィードバック検査で陰性反応』
術者:自尊心に関係する誤作動記憶が消失しましたので、再度、ドライバーショットのイメージをしてもらえますか?
患者:はい。(ドライバーショットのイメージ)
術者:ドライバーショットのイメージで陽性反応が消失しましたので、今日は最後にご自分の理想のドライバーショットを客観的にイメージして、検査させてもらえますか?
患者:はい。ん〜〜難しいですね。でもイメージしてみますね。
術者:(生体反応検査法で確認)そのイメージでは陽性反応が示されていますので、それは身体に合っていないということですね。それでしたら、プロでもアマチュアでもいいのですが、理想のゴルファーがドライバーショットを行なっているイメージで、そのイメージを参考にしてご自分と重ね合わせてみてください。もちろん、まったく同じショットはできませんので、そのモデルに近いショットでイメージしてみてください。
患者:はい。(モデルを参考にした理想のドライバーショットのイメージ)
術者:(生体反応検査法で確認)そのイメージでは陰性反応ですので、身体には誤作動が生じていません。それでは、そのイメージを使って施術を行います。イップスの症状のあるご自分のドライバーショットのイメージをグレーにして、理想のご自分のドライバーショットのイメージを何か明るい色のイメージをつけて調整させてもらいますが、どのような色がいいですか?
患者:黄色でイメージします。
術者:それでは、深呼吸をしながら、グレーのイメージを最初にしていただき、次に黄色のイメージをしてください。深呼吸が一回終わったらイメージを切り替えて、次のイメージで深呼吸をしてください。イメージの切り替えを2往復します。ですので、深呼吸は4回になります。深呼吸をされている間に私は誤作動記憶の調整を行います。それではお願いします。
『PCRTパターン振動法』
術者:さきほど、理想のイメージができなかったことを思い出してもらいますか?
患者:はい。(理想のイメージが難しいと感じた際のイメージ)
『PRT(生体反応検査法)』
術者:先ほどのような陽性反応は消失していますので、今日はこれで施術を終わります。今日の調整でドライバーイップスのイメージによる陽性反応は消失していますが、脳の記憶は複雑ですので、イップスに関係する誤作動記憶は奥に隠れている場合も少なくはありません。完治するまで継続して調整する事が大切ですのでまた、次回診させてください。

患者:はい。わかりました。ありがとうございます。

ジストニア・イップスの症状に戻る