脳の誤作動記憶を調節する心身医療 心と脳と身体との関係性 -心身条件反射療法協会のサイトー

  脳に学習された誤作動記憶を調整する心身相関統合療法

 心身条件反射療法
(ニューロパターンセラピー)

Psychosomatic Conditioned Reflex Therapy

   事務局: 〒810-0001 福岡市中央区天神3-3-6 天神サンビル7F 
 

お問い合わせの際は、
お名前とご連絡先をお知らせください

092-761-0086

原因不明の動悸

報告者 : 杉山 英照 (スギヤマ治療院

【年齢・性別】

30代 女性

【ご職業】

主婦

【症状】 

原因不明の動悸 左の脇がピリピリする

 

【いつから?】

2017年8月(初来院2017年9月)

【ご来院のきっかけ】

病院に行ったけれど様子見と言われて不安だったので。

【施術】

原因不明の動悸に関しては初回の治療で改善しました。
PCRTのみで行いました。
治療前 本人の自覚は4 PRTも4
目安検査は症状のイメージ
系の機能評価 メンタル 不安 8
初回にしては私の中では珍しくソフト面のみが選択されました。
大脳辺縁系→感情(詳細)→勝利
『ヨガを始めて、友人よりも柔らかさで勝っている』→単一調整
大脳辺縁系→価値観→刺激・変化・挑戦
『今の自分を脱却したい』→『幼稚園の役員にクジ運悪くなってしまった。
人前でうまくやっていけない自分を変えたい』→単一調整
脳幹脊髄系
聴覚→他人の声→夫の声(ぱっとそれが浮かんだ)→単一調整

治療後に症状のイメージ陰性
系の機能評価 メンタル 不安 8→1
本人の自覚4→0 PRT4→0

【考察】

PCRTだからこそ対応できたような症例だと思います。
心とからだの関係性が顕著に出ていて、なおかつからだに影響がでない
ように記憶を上書きで来た結果。改善がみられました。

ちなみに今ではもう年度も終わりがけになり一緒に頑張った幼稚園の
役員の方達とは固い絆があるくらい仲良くなったようです。

また、健康目標も『健康を意識しないくらい健康であり続けたい!』という
とてもポジティブなものになりました。

【備考】今では定期メンテナンスに2週に1回ペースでいらしてます。
最初に丁寧に説明をさせて頂いたりして、ラポールが築けたことが
今の関係性にも生きています。
PCRT中級②を学び、すぐに聴覚や価値観を応用できてよかったです。

臓器系の症状に戻る