脳の誤作動記憶を調節する心身医療 心と脳と身体との関係性 -心身条件反射療法協会のサイトー

  脳に学習された誤作動記憶を調整する心身相関統合療法

 心身条件反射療法
(ニューロパターンセラピー)

Psychosomatic Conditioned Reflex Therapy

   事務局: 〒810-0001 福岡市中央区天神3-3-6 天神サンビル7F 
 

お問い合わせの際は、
お名前とご連絡先をお知らせください

092-761-0086

30年続くゴルフイップス

報告者 : 白星 朋之瑞穂の森治療院)                             2018.3.13

【患者】

男性、60代 薬剤師

【ゴルフ歴】

34年

【症状】

30年前にアプローチのミスからイップスを発症。アプローチ時に体が重くなる感じがして通常のショットができない。

 

1回目の施術では、上手くアプローチできない自分に対しての「軽蔑」で陽性反応、また意味記憶(長い間続く症状だから治らない)で陽性反応。

2回目の施術で前回からの経過を確認すると、練習場でいつもなら始めはミスショットから始まるがそれが出なかったとのこと。施術では五感の視覚「ライバル二人の顔」で陽性反応、またその二人からまたミスをすると思われて見られているという視線も影響していた。さらにいつも自分が一番でいないといけないという信念でも陽性反応が出た。最後にエピソード記憶(イップスの原因になったミスショット)の調整をした。

3回目で経過を聞くとライバルとではなく知らない人とプレーしたらほとんどイップスが出なかった。その後ライバルとプレーしたらいつもの半分にまでイップスの症状が減り、効果を実感できたとのこと。施術は五感・身体感覚の「姿勢」で反応(イップスが出る時は右肩が下がる)、感情の「不信」(またミスをしてしまうかもしれない)「劣等感」(ライバルが自分よりアプローチが上手い)、意味記憶(失敗した2倍成功しないと克服できない?)を調整した。完全にイップスが出なくなるまで通うという本人に意思により、今後も引き続き施術を行い経過を観察する。

【考察】

治療のポイントは2人のライバルの存在で、いつもイップス次第で2人に勝てるかどうかが決まる。アプローチの際に2人からイップスが出ると期待されているような気がすること、またその視線によって思い通りのショットが打てなくなっていた。さらににイップスが起きたときのエピソード記憶を調整することでかなりの改善が見られた。

ジストニア・イップスの症状に戻る

このページのTOPへ