脳の誤作動記憶を調節する心身医療 心と脳と身体との関係性 -心身条件反射療法協会のサイトー

  脳に学習された誤作動記憶を調整する心身相関統合療法

 心身条件反射療法
(ニューロパターンセラピー)

Psychosomatic Conditioned Reflex Therapy

   事務局: 〒810-0001 福岡市中央区天神3-3-6 天神サンビル7F 
 

お問い合わせの際は、
お名前とご連絡先をお知らせください

092-761-0086

書痙(ジストニア)

報告者 : 保井 志之(ファミリーカイロプラィティックセンター)                  2017.10.4

 病院で書痙(ジストニア)と診断され、投薬治療を受けて、9ヶ月ほど症状が改善されなかった患者さんが、5回目の調整で劇的な改善を示したので報告させていただきます。
【患者情報】高校2年生、女性、9ヶ月前に英単語の学習のためにノートに5枚ほど書いた後に手が震えて文字を書くのが不自由になったとのこと。1ヶ月後に脳神経外科を受診、CT検査などを受け、書痙(ジストニア)の診断を受ける。いい日と悪い日があるようで、たくさん文字を書くと悪くなる傾向があるとのこと。
【初回調整】

筋骨格系の機能評価はNRS=7レベル、メンタル系の機能評価はNRS=9レベル。書ける自信の最高を10としたら3レベル。

AMのプロトコルに従って骨盤、脊椎部を調整。手関節などの症状部位へのAM検査では陰性反応。PCRTハード面調整法は、頭蓋骨、ブレインマップ、臓器反応点経絡調整法を行う。ソフト面では、いくつかの信念や感情に関係するキーワードから詳細を明確にして調整を行う。最後に出た上位の成績優秀グループから外れるという「恐れ」に関する調整は効果的だったと感じた。調整後の機能評価は、筋骨格系のNRS=4レベル、メンタル系のNRS=1レベル。書ける自信は8レベルに上昇。

実際に書いてもらうと、施術前よりも指に力が入るようになったとのこと。

初回調整前の動画

初回調整後の動画

 

【2回目から5回目の調整】

2回目と3回目ではお姉さんとの比較に関する心理的なキーワードが示された。いくつかの感情や信念に関するキーワードが示されていたが、5回目の調整の際、「警戒心」というキーワードから、「書けない自分」から「書きたくない自分」へと認識を深める。書きたいけれども手指が動かないから書けなくなるというのが書痙の一般的な理解であるが、心理学的には、「書きたい」という意識的気持ちとは裏腹に無意識がブレーキを掛けている場合が多々ある。

 

書きたくない理由は、シンプルに言えば、「めんどくさい」とう感情が関係していた。それは、試験勉強に対する義務感に関係するわけだが、私は直感的に「何のために勉強するのか?」という「ゴール設定」の必要性を感じた。そこでコーチング手法を導入。ゴールに関係するいくつかの質問をさせていただいた。大きく分けると二つの選択肢が明確になった。

 

一つは心理系の職業、もう一つは事務系の職業。そして、「もしも、その仕事についたら何が得られそうですか?」というそのゴールで得られる価値観に関する質問をしてみると、心理系の仕事に就いた場合は、人を手助けできるという充実感。事務系の仕事は、特に得られるものがなく、一人でコツコツ仕事をしているイメージしか浮かばないという。

 

そこで、身体に聞く生体反応検査(マッスルテスト)をしてみると、心理系の仕事に就くために勉強をしているイメージの方が明らかに力が入ることを本人も自覚した様子。心の奥(無意識)の本当の自分は、心理系の仕事に就きたいのだということが明確になったようだ。

 

5回目の調整の時は試験中で、もう1日試験があるとのことだった。以前よりは書けるようになったが、書いていると疲れる感覚があるという。検査をしてみると前回明確になった将来に対する「執着心」と将来の目標が明確になった「喜び」の感情が示された。どちらも肯定的な要因だった。そして、その日の調整後には、本人も驚くほど、スラスラと文字が書けていた。

5回目調整前の動画

5回目調整後の動画

 

【考察】

ジストニアは、自分の意思とは裏腹に筋肉に力が入らなくなったり、こわばったりする症状で、部分的に生じたり、全身的に生じたりする。これは脳からの信号に誤作動が生じたため、「心と身体の関係性」がうまく機能していない状態である。その誤作動を脳が学習し記憶してしまったために、元の正常な状態に戻せなくなっているということが原因として考えられる。この症状を改善するために、主に心身条件反射療法で、ジストニア症状に関係する誤作動記憶を引き出して身体を調整する。

心と身体の関係性を無視して外科的に処置をする手法もあるようだが、心と身体は密接に関係し合っているのが本来の姿である。この症状はたまたま心と身体の関係性に誤作動が生じることで引き起こされていると考えられる。心にいい悪いとかはなく、ただ、どのような心の状態が関係していたのかを認識することは症状を改善する上でとても大切な治療のプロセスになる。臨床でも誤作動記憶に関係する心の状態が分かれば分かるほど改善度も高まる傾向にある。PCRTを学んでいる先生方が、様々なジストニアの症状改善に貢献している。ジストニアの症状でお困りの方は、ぜひご相談いただければと願う。

ジストニア・イップスの症状に戻る

このページのTOPへ