脳の誤作動記憶を調節する心身医療 心と脳と身体との関係性 -心身条件反射療法協会のサイトー

  脳に学習された誤作動記憶を調整する心身相関統合療法

心身条件反射療法
(ニューロパターンセラピー)
Psychosomatic Conditioned Reflex Therapy

   事務局: 〒810-0001 福岡市中央区天神3-3-6 天神サンビル7F 
 

お問い合わせの際は、
お名前とご連絡先をお知らせください

092-761-0086

PCRTセミナーアンケートより

PCRTセミナーアンケートより

第86回中級2(東京実技) 2021.9.26

患者として改善した症状を治療前と治療後で教えてください

  • 仕事中、患者が遅れてきたり、ギリギリに来院されてイラッとする症状
    →施術後、脳がスッキリ、視界が広がった様に楽になった
  • 腹部の圧痛、首の痛み、右足首の痛みが治療前にありました。治療後は、首の痛みは少しあるものの軽減し、右足首と腹部の圧痛は無くなりました
    右肘の外果をタッピングされると痛かったがらくになった
  • 嫌な患者に対してのモヤモヤがらくになった
  • アトピー、睡眠障害、腰痛を診てもらいました。アトピーと睡眠障害については、直後効果は分かりませんが、今夜以降楽しみです。腰に関しては痛みが取れていると感じています
  • 治療の満足度として自分の望んでいる症状の改善と、そうでない場合の信頼関係は大切だと思いました。治療家としてのエゴではなく、あくまでも患者によりそうという事が大切だと思いました

施術者として課題や改善点を箇条書きにしてください

  • 設定があいまいなところ
  • 楽な道を選んでしまう
  • 患者の視点、第三者の視点に立つ
  • 基本を徹底する
  • 基本に忠実に(特に筋骨格系)
  • おおまかにみすぎているので、丁寧かつ詳細に検査を行うこと
  • エネルギーをみようとする、または、EBを拾おうとすること
  • 伏臥位でのレッグテストが苦手なので習熟する必要がある
  • エネルギー系の理解が不十分
  • フィードバックで何をやるのか、分からなくなってしまうことがある
  • 新しいやり方に適応できるようになりたい
  • 深い所(認知)に入っていく時のガイドをもっとうまくはこびたい
  • まだ施術者としてPCRTを用いていないので、少しずつでも時間をとって施術していきたいと思います
  • 慢心する事なく、常にニュートラルな姿勢で施術にあたる事が大切であると思います

施術者として上達できたところを箇条書きにしてください。(初めてセミナーを受けてから今日まで)

  • 以前よりもスムーズにEBを特定でき、意念、認知調整→フィードバック、症状改善につながる
  • EBをひろう幅が以前よりも広がって・・・深いEBをひき出せる
  • 心身相関の理解が深まっている
  • PRT検査が以前より上達してきた
  • PCRTを学び、治せる患者の幅が広がった
  • 臨床で以前に比べて、更に結果が出せる様になってきた
  • 心の領域、外界との関係性が体に作用する
  • 施術者として、人生としてのコンパス
  • PRT検査の精度up
  • PCRT全体の流れの把握
  • 施術の本質の理解
  • EBの概念を知ってから、施術のポイントを絞りやすくなりました
  • 以前より色々な症状や患者さんを受け入れられるようになりつつある
  • 基本中の基本でしょうが、レッグテストにおける指の位置など、しっかり覚えたと思います
  • プロトコルだけでなく、患者さんがかかえる症状に対しての本質の捉え方
  • 認知調整法でキーワードに対する質問力や引き出し方、治療を多く経験することで、昨年受講したコーチングが今、活かされてきているような気がします

第85回中級2(福岡実技) 2021.9.12

患者として改善した症状を治療前と治療後で教えてください

  • 首のかゆみが減って、セミナーの最後のほうには気にならなくなった。
  • 後頭部の頭痛→症状が改善
  • 治療後の頭痛→症状が改善
  • テニスのゆるいボールに対するイップス→EBの反応がなくなった。
  • 首の重い症状→軽くなった。
  • 左肋骨部の知覚異常→右側にだいぶ近くなりました。
  • 胃の痛み→圧痛や違和感が少なくなった。
  • 肩こりと首の痛み
  • 以前耳鳴りと右眼球の右方の機能異常を改善してもらったのですが、眼球運動の機能低下が頭の重たさの原因になってると実感しました。耳鳴りは再発する事もあるのですが、頭の重たさは明らかになくなりました。
  • 顔面のかゆみ改善
  • 腰、肩の違和感
  • 首のコリ改善
  • 最初のデモの時に、左の第5中手骨の痛み(前:押圧でにぶい痛み。後:術後は多少痛みがのこっていたが、終了時にはほぼ痛みが無くなりました)

施術者として課題や改善点を箇条書きにしてください

  • 伝える事、情報発信する事を最近は課題としています。私の事をPCRTの事を知らない人が多すぎるので、ご自身の症状を改善できると思っていないのではないかと思っています。
  • 基本の手順をスムーズにする(施術の流れ)
  • 患者様にほどよく声を掛け進行
  • 患者の立場に立ち言葉の使い方も研究する
  • 陽性反応の中でたまにメジャー反応のマイナー反応が混じる事があるので、臨床で経験を積んでいきます。
  • 認知療法を行う時の質問力。キーワードの深い理解がなく、上手く質問出来ない事がある。
  • エピソード記憶の調節法を人によって使いわけられるようにしていく。
  • 組み合わせを特定し、スムーズに施術できるようにしたい。
  • 思い込みで施術をしてしまいエラーになった。「ニュートラル」で施術できるようになりたい。
  • 手技(基本バランス、マッスルテスト)をもっとできるようになりたい。
  • 相手をおきざりにしないような施術を心がける。
  • チャートを使う大切さをセミナーではあらためて体感。

施術者として上達できたところを箇条書きにしてください。(初めてセミナーを受けてから今日まで)

  • 有機的な見方をするようになって10年以上経ち、体の反応の検査も安定してくるようになった。
  • PRTの手技ができるようになった。
  • 生体反応検査は最初よりも、エラーが少なく分かりやすく引き出せるようになってきている感じています。
  • 患者様の会話の内容をしっかり聞ける余裕がでてきました。
  • 少しずつですが、応用が効くようになってきている感じがでてきました。
  • 有機的な治療に対しての理解
  • メンタル面と身体的な症状への理解
  • マッスルテストは人によっては広げすぎに注意する
  • アレルギー施術の進め方
  • 施術のスムーズさ、たぶん自信?