脳の誤作動記憶を調節する心身医療 心と脳と身体との関係性 -心身条件反射療法協会のサイトー

  脳に学習された誤作動記憶を調整する心身相関統合療法

 心身条件反射療法
(ニューロパターンセラピー)

Psychosomatic Conditioned Reflex Therapy

   事務局: 〒810-0001 福岡市中央区天神3-3-6 天神サンビル7F 
 

お問い合わせの際は、
お名前とご連絡先をお知らせください

092-761-0086

組織紹介

組織紹介

代表あいさつ

2019年度PCRTセミナーは基本的な概念や手法は以前と変わりはありませんが、さらに、シンプルに臨床で使いやすい手法に進化しています。今年から、症状別にテーマを決めて、実践的にどのように検査をして、どのように調整するかを学び、臨床上遭遇することの多い症例から段階的に難治性の慢性症状へと進んで、段階的にPCRT全体を学ぶプログラムになっています。

例えば、基礎1のプログラムでは腰痛、股関節痛、頚部痛、肩こりが症例別のテーマで、それぞれ、どのように検査して、調整を行うかを実践的に学んでいくような内容になっています。腰痛患者の施術では、患者にも筋肉系の機能異常が分かるように目安検査を行い、調整のための検査と施術を行い、調整後には目安検査で筋肉系の機能異常の改善が分かるように目安検査で評価します。

基礎1と基礎2では特に生体反応検査法の習得を兼ねていますので、実践的な手法を学びながら、検査法の基本となる生体反応検査の熟練度を高めていく内容になっています。基礎2では肩関節痛、膝関節痛の調整法、スポーツ障害の調整法、頭痛、顎関節の調整法、めまいの調整法を予定しています。

中級1では経絡の流れの部位とPRTを活用した検査法と調整法を学びます。症例別では内臓、婦人科症状の調整法や耳なり、難聴、心因性視力障害の調整法を学んでいきますが、特にPCRT調整の根幹となる心身相関領域の調整へと本格的に入っていきます。中級2では心身相関領域の調整をさらに深め、アレルギー調整法の手法を学びます。

上級編は認定者限定で、基礎1から中級2の本編で学んだ内容を踏まえて、さらに臨床的で遭遇する症状や問題を解決できる上級のスキルを学びます。代理人検査による調整法やダミー人形を使った遠隔治療などさらに進んで手法や最新の研究で得られた上級でしか語れない情報やスキルもご紹介します。

One Dayの入門編では、PCRTの検査で必要な各種生体反応検査法の基本を学びます。施術前後の効果を確認する目安検査の手法や加算振動調整法に必要な持続圧の押さえ方を学びます。調整の目標となる生体エネルギーブロックの存在を各種検査法から体感的に学びます。加算振動調整法を学ぶことで、調整前後の生体反応検査法を体感していただきます。

One Dayの臨床編では、認定者限定でジストニアとイップスの症例のアプローチの手法を学びます。様々なジストニアやイップスの症例がある中で、ジストニアでは痙性斜頸、書痙にフォーカスします。イップスではゴルフと送球イップスにフォーカスします。さらにはスポーツに関係するパフォーマンスの向上のための調整法を学びます。

今年も、皆様と共に幅広く深みのある治療家を目指して参りたいと思います。

                         心身条件反射療法協会代表:保井志之

スタッフ紹介

保井 志之 D.C. 代表責任者

1962年 福岡県生まれ
1984年 明治鍼灸短期大学卒(現・明治国際医療大学)
1988年 大東医学技術専門学校・柔道整復科卒
1994年 パーマカイロプラクティック大学卒
1997年より 米国アクティベータメソッドインストラクターセミナー参加
2001年より AMI公認インストラクターとしてAMI本部公認セミナーを開催
2002年 AMI公認日本地区ディレクター就任
2005年より 心身条件反射療法(ニューロパターンセラピー)研究会開催
2012年より ICC国際コーチング連盟認定国際コーチ養成講座開催
現在、ファミリーカイロプラクティックセンター院長(福岡市)
心身条件反射療法研究会代表講師

このページのTOPへ

菊地 光雄 B.C.Sc.

1955年 茨城県生まれ
1978年 流通経済大学経済学部経済学科卒業
1981年 東京柔道整復専門学院卒業
2000年 RMIT大学生命科学部カイロプラクティック学科日本校CSC卒業
2001年 AMI公認AMCTセミナー受講
2004年 2007年米国アクティベータメソッドインストラクターセミナー参加
2005年 AMI公認日本国内インストラクター就任
心身条件反射療法研究会受講
2012年 ICC国際コーチング連盟認定トレーニング修了
現在、カイロプラクティック・コンディショニング・ルーム・K院長(千葉県木更津市)

このページのTOPへ

土子 勝成 B.C.Sc.

1970年 茨城県生まれ
2005年 ロイヤルメルボルン工科大学日本校生命科学部カイロプラクティック学科卒業
2007年 AMI公認AMCTセミナー受講
心身条件反射療法研究会受講
2012年 ANJAPANスタッフとしてAMCTセミナーに参加
2017年 ICC国際コーチング連盟認定トレーニング修了
現在、つちこカイロプラクティック院長(東京都新宿区)

このページのTOPへ

国井 継之介 B.C.Sc.

1978年 神奈川県横浜市生まれ
2005年 ロイヤルメルボルン工科大学日本校生命科学部カイロプラクティック学科卒業
2005年 AMI公認AMCTセミナー受講
2006年 心身条件反射療法研究会受講
2007年 ANJスタッフとしてAMCTセミナーに参加
現在、ファイン カイロプラクティック院長(横浜市中区)

 

このページのTOPへ

野間 実 M.A.

1971年 熊本県熊本市生まれ
1994年 杏林大学外国語学部英米語学科卒業
1996年 杏林大学大学院国際協力研究科国際文化交流専攻(修士課程)修了
2005年 文部科学省外国教育施設日本語指導教員派遣事業(REXプログラム)にてアメリカ合衆国に派遣(2年間)
2010年 2年制カイロプラクティック専門学校卒業、AMI公認AMCTセミナー受講、心身条件反射療法研究会受講
2013年 ICC国際コーチング連盟認定トレーニング修了
現在、てんびんカイロプラクティック院長(福岡市博多区)

 

このページのTOPへ