脳の誤作動記憶を調節する心身医療 心と脳と身体との関係性 -心身条件反射療法協会のサイトー

  脳に学習された誤作動記憶を調整する心身相関統合療法

 心身条件反射療法
(ニューロパターンセラピー)

Psychosomatic Conditioned Reflex Therapy

   事務局: 〒810-0001 福岡市中央区天神3-3-6 天神サンビル7F 
 

お問い合わせの際は、
お名前とご連絡先をお知らせください

092-761-0086

組織紹介

組織紹介

代表あいさつ

医療という大きな括りの中には、現代医学を中心にそれを補完する代替医療があります。代替医療には東洋医学を始め、カイロプラクティックや鍼灸などがあります。問題を抱えた多くの患者さんは現代医学の病院を受診されます。もしも、問題の原因が構造的な問題であれば、現代医学の治療で効果が期待できますが、原因が構造的な問題でない場合、あまり期待できません。構造に問題がなければ、問題はどこにあるのでしょうか?

肉体的な構造に問題がなくても、多くの人は様々な症状で悩んでいます。機械仕掛けの歯車やテコの原理などの理屈で説明しようとしても、生きた人間にはその理屈が当てはまらないことがだんだんと分かってきました。心を持った人間の体は、機械構造論の「原因と結果」の法則を無視して意識とは裏腹に自動的に動く習性があるのです。

骨折などの外傷は、機械仕掛けの理屈で快方に向かいます。しかしながら、様々な慢性症状は機械仕掛けの理屈では問題が解決できません。慢性症状を引き起こす本質的な原因の一つは脳に貯蔵された「記憶」との関係があります。もしも、人間の脳に記憶装置がなければ、同じ症状を繰り返すことはないのです。

心身条件反射療法(PCRT)は、脳に条件付け(学習記憶)された、不健康につながる「誤作動記憶」を引き出して調整する療法です。現代医学とは異なる考え方や手法で問題に関係する誤作動記憶を身体に聞きながら検査して調整を行います。

現代医学や代替医療の施術で改善されない方は、構造的な問題ではなく、脳に無意識的に蓄積された誤作動記憶が影響を及ぼしているかもしれません。機械仕掛けの理屈とは異なる考え方で施術を望まれる方は、お近くのPCRTの治療者にぜひご相談ください。

治療者の皆様へ

PCRT研究会は調整法を「ハード面調整法」と「ソフト面調整法」に大きく分けて。段階的に学びを深めるプログラムで構成されています。「ハード面調整法」は、肉体の働きやエネルギーを調整します。「ソフト面調整法」は感情や信念などのメンタル面に関係する誤作動記憶や五感や環境などに関連する誤作動記憶を調整します。また、理論や技法のみならず自然療法の本質的なコンセプトや治療哲学、治療者としての在り方も同時に学んでいきます。

ハード面調整法では筋骨格系調整法、頭蓋骨調整法、脳神経機能調整法、筋膜調整法、エネルギー系調整法などを学び、ソフト面調整法では、サイクルパターン調整法(24時間、週、月、季節)、感情チャート(文字情報)、カラー情報調整法 音階調整法、アレルギー調整法、感情、価値観、信念に関係する調整法、意味記憶やエピソード記憶に関係する調整法などを学びます。

PCRTのハード面調整法をマスターすることで、現在使われている治療法に加えて、幅広い角度からプラスアルファーすることができます。筋骨格系の症状に対して即効性も高まります。ソフト面調整法の調整法をマスターすると、イップスやジストニアの患者さんやメンタル面に絡んだ多種多様な症状を抱えた患者さんに対応できる力が身についてきます。

PCRTの基本的なコンセプトに変わりはありませんが、昨年度より調整法がさらに進化し、チャートを活用した全体的なプロトコルが使いやすくなっています。患者が求めている治療法や施術者のレベルに応じて、患者が求めているニーズと術者が提供する調整法にミスマッチが生じないように工夫されています。

本年度の心身条件反射療法(ニューロパターンセラピー)の研究会から、認定のための実技試験が実施されます。この実技試験はPCRTの基本的な手順を審査する試験です。特に安定した生体反応検査法が修得できているかどうかは認定の基本ラインになります。施術者個人の信頼はもとより、研究会全体の信頼が高まることを願っています。

皆様のご参加を、スタッフ一同お待ちしております。

                               研究会代表:保井志之

スタッフ紹介

保井 志之 D.C. 代表責任者

1962年 福岡県生まれ
1984年 明治鍼灸短期大学卒(現・明治国際医療大学)
1988年 大東医学技術専門学校・柔道整復科卒
1994年 パーマカイロプラクティック大学卒
1997年より 米国アクティベータメソッドインストラクターセミナー参加
2001年より AMI公認インストラクターとしてAMI本部公認セミナーを開催
2002年 AMI公認日本地区ディレクター就任
2005年より 心身条件反射療法(ニューロパターンセラピー)研究会開催
2012年より ICC国際コーチング連盟認定国際コーチ養成講座開催
現在、ファミリーカイロプラクティックセンター院長(福岡市)
心身条件反射療法研究会代表講師

このページのTOPへ

菊地 光雄 B.C.Sc.

1955年 茨城県生まれ
1978年 流通経済大学経済学部経済学科卒業
1981年 東京柔道整復専門学院卒業
2000年 RMIT大学生命科学部カイロプラクティック学科日本校CSC卒業
2001年 AMI公認AMCTセミナー受講
2004年 2007年米国アクティベータメソッドインストラクターセミナー参加
2005年 AMI公認日本国内インストラクター就任
心身条件反射療法研究会受講
2012年 ICC国際コーチング連盟認定トレーニング修了
現在、カイロプラクティック・コンディショニング・ルーム・K院長(千葉県木更津市)

このページのTOPへ

土子 勝成 B.C.Sc.

1970年 茨城県生まれ
2005年 ロイヤルメルボルン工科大学日本校生命科学部カイロプラクティック学科卒業
2007年 AMI公認AMCTセミナー受講
心身条件反射療法研究会受講
2012年 ANJAPANスタッフとしてAMCTセミナーに参加
2017年 ICC国際コーチング連盟認定トレーニング修了
現在、Tsuchikoカイロプラクティック オフィス院長(東京都新宿区)

このページのTOPへ

国井 継之介 B.C.Sc.

1978年 神奈川県横浜市生まれ
2005年 ロイヤルメルボルン工科大学日本校生命科学部カイロプラクティック学科卒業
2005年 AMI公認AMCTセミナー受講
2006年 心身条件反射療法研究会受講
2007年 ANJスタッフとしてAMCTセミナーに参加
現在、ファイン カイロプラクティック院長(横浜市中区)

 

このページのTOPへ

野間 実 M.A.

1971年 熊本県熊本市生まれ
1994年 杏林大学外国語学部英米語学科卒業
1996年 杏林大学大学院国際協力研究科国際文化交流専攻(修士課程)修了
2005年 文部科学省外国教育施設日本語指導教員派遣事業(REXプログラム)にてアメリカ合衆国に派遣(2年間)
2010年 2年制カイロプラクティック専門学校卒業、AMI公認AMCTセミナー受講、心身条件反射療法研究会受講
2013年 ICC国際コーチング連盟認定トレーニング修了
現在、てんびんカイロプラクティック院長(福岡市博多区)

 

このページのTOPへ