脳の誤作動記憶を調節する心身医療 心と脳と身体との関係性 -心身条件反射療法協会のサイトー

  脳に学習された誤作動記憶を調整する心身相関統合療法

 心身条件反射療法
(ニューロパターンセラピー)

Psychosomatic Conditioned Reflex Therapy

   事務局: 〒810-0001 福岡市中央区天神3-3-6 天神サンビル7F 
 

お問い合わせの際は、
お名前とご連絡先をお知らせください

092-761-0086

組織紹介

組織紹介

代表あいさつ

ここ10数年で、腰痛の治療が様変わりしました。NHKでも取り上げられているように、まさに「腰痛・治療革命」です。なぜ、「革命」なのか?それは、「機械構造論」から「有機生命論」へのパラダイムシフトが起きているからです。

これらの変革の背後にあるのは、「暗示効果」です。つまり、「無意識的な思い込み」が長引く腰痛の原因だったということになります。ポジティブな「プラシーボ効果」ではなく、ネガティブな「ノーシーボ効果」によって、長らく腰痛に悩まされていたわけです。

腰痛改善のために使われている方法は、認知行動療法によるカウンセリングとストレッチなどの運動療法を繰り返すというものです。それだけで効果があったわけではありません。その背後には、「権威者のコメント」や「科学的なデータ」「グループトレーニング」などの効果的な「暗示効果」があり、さらに参加者には自分で治そうとする「主体性」がありました。

それはPCRT的に言えば、症状を引き起こしている「誤作動記憶」の「意味記憶」が書き換えられた結果だといえます。特に経験(痛み)や情報(医学情報)による強い思い込み(信念)を書き換えて、自分自身で身体を動かす。つまり、信念を書き換えると同時に身体にも再学習させ、新たな記憶を脳と身体にプログラム化させたわけです。

NHKで紹介されたこの腰痛治療のプロジェクトは、多くの慢性腰痛の患者さんにとっては朗報だったと思われます。しかし、このようは本質的な事実は、まだほんの一部の人にしか知られていないのが現実ではないでしょうか。このような情報を知っていても、頑なに機械構造論の原因説を信じ、コルセットを何年も装着している人もいます。

PCRT研究会では10年以上も前からこの本質について、語り続けてきましたが、人の思い込み(信念)というものは、目には見えないだけに、取り扱いには訓練が必要だということがわかってきました。ここ数年PCRTではこのような健康に影響を及ぼす信念に対してもスムーズに施術が行えるようになっています。しかし、患者自身が自分の思い込んでいる信念が健康を害すると分かっていても変わらない選択をする人もいます。それを変えるかどうは、基本的には患者次第になりますが、PCRTではそのようは深い無意識の心理面まで把握できる質の高い自然療法を目指しています。

今年からPCRTのハード面施術法も進化してきました。また、検査チャートを使うことで、ソフト面の施術もスムーズに進めやすくなりました。そのために大切なポイントは「患者教育」です。PCRTを使う前には、必ず患者教育による同意と理解が必要で、患者さんに積極的に施術に参加してもらい、それを楽しんでもらうことが大切です。

どんな施術法でも治療を施す治療者自身が、その治療法に熟知してその治療法に信頼を寄せていなければ、施術効果は引き出せません。今年も、できるだけPCRTの本質を分かりやすく伝え、臨床現場で使いやすくなるようにスタッフ一同で努力してまいります。それでは、研究会でお会いできるのを楽しみにしております。

                               研究会代表:保井志之

スタッフ紹介

保井 志之 D.C. 代表責任者

1962年 福岡県生まれ
1984年 明治鍼灸短期大学卒(現・明治国際医療大学)
1988年 大東医学技術専門学校・柔道整復科卒
1994年 パーマカイロプラクティック大学卒
1997年より 米国アクティベータメソッドインストラクターセミナー参加
2001年より AMI公認インストラクターとしてAMI本部公認セミナーを開催
2002年 AMI公認日本地区ディレクター就任
2005年より 心身条件反射療法(ニューロパターンセラピー)研究会開催
2012年より ICC国際コーチング連盟認定国際コーチ養成講座開催
現在、ファミリーカイロプラクティックセンター院長(福岡市)
心身条件反射療法研究会代表講師

このページのTOPへ

菊地 光雄 B.C.Sc.

1955年 茨城県生まれ
1978年 流通経済大学経済学部経済学科卒業
1981年 東京柔道整復専門学院卒業
2000年 RMIT大学生命科学部カイロプラクティック学科日本校CSC卒業
2001年 AMI公認AMCTセミナー受講
2004年 2007年米国アクティベータメソッドインストラクターセミナー参加
2005年 AMI公認日本国内インストラクター就任
心身条件反射療法研究会受講
2012年 ICC国際コーチング連盟認定トレーニング修了
現在、カイロプラクティック・コンディショニング・ルーム・K院長(千葉県木更津市)

このページのTOPへ

土子 勝成 B.C.Sc.

1970年 茨城県生まれ
2005年 ロイヤルメルボルン工科大学日本校生命科学部カイロプラクティック学科卒業
2007年 AMI公認AMCTセミナー受講
心身条件反射療法研究会受講
2012年 ANJAPANスタッフとしてAMCTセミナーに参加
現在、Tsuchikoカイロプラクティック オフィス院長(東京都新宿区)

このページのTOPへ

国井 継之介 B.C.Sc.

1978年 神奈川県横浜市生まれ
2005年 ロイヤルメルボルン工科大学日本校生命科学部カイロプラクティック学科卒業
2005年 AMI公認AMCTセミナー受講
2006年 心身条件反射療法研究会受講
2007年 ANJスタッフとしてAMCTセミナーに参加
現在、ファイン カイロプラクティック院長(横浜市中区)

 

このページのTOPへ

野間 実 M.A.

1971年 熊本県熊本市生まれ
1994年 杏林大学外国語学部英米語学科卒業
1996年 杏林大学大学院国際協力研究科国際文化交流専攻(修士課程)修了
2005年 文部科学省外国教育施設日本語指導教員派遣事業(REXプログラム)にてアメリカ合衆国に派遣(2年間)
2010年 2年制カイロプラクティック専門学校卒業、AMI公認AMCTセミナー受講、心身条件反射療法研究会受講
2013年 ICC国際コーチング連盟認定トレーニング修了
現在、てんびんカイロプラクティック院長(福岡市博多区)

 

このページのTOPへ