脳の誤作動記憶を調節する心身医療 心と脳と身体との関係性 -心身条件反射療法協会のサイトー

  脳に学習された誤作動記憶を調整する心身相関統合療法

 心身条件反射療法
(ニューロパターンセラピー)

Psychosomatic Conditioned Reflex Therapy

   事務局: 〒810-0001 福岡市中央区天神3-3-6 天神サンビル7F 
 

お問い合わせの際は、
お名前とご連絡先をお知らせください

092-761-0086

ランナーズニー(足の痛みで走れない)

報告者 : 吉武 史郎 (クローバーカイロプラクティック)                      2015.3.5

【クライアント】会社員 女性 41歳 
趣味:ランニング(月200km目標)
【主訴】歩く(走る)際に、足が抜ける。
左側の足全体に痛みが起こり動作が鈍くなる。 
固まるような感じ。 
歩行時でも痛み、また椅子から立ち上がる際などに痛みを感じる。 
ランニングが出来ない。 
一週間前より発症。 
一週間ほど前から風邪をひいており、くしゃみや咳でも腰に痛みを感じる。
【施術経過】 
 

初回:2014年7月28日

アクティベーター療法で全体のバランスを整える。

2回目:2014年7月31日 
治療直後は良いかと思ったが、走ると痛み、足全体が固まるような感じで走れなかった。 
2回目以降よりアクティベーター療法と併用して、PCRTソフト面を取り入れて治療を行う。 
・走るイメージ(五感-身体感覚より) 
・ご主人の仕事
3回目:2014年8月4日 
全体的に少し改善している気がする。 
・ご主人の声(更にの質問-ご自身の劣等感) 
・ご自身、逃避 
・友人、劣等
4回目:2014年8月7日 
以前より良くなってきているが朝の痛みが気になる。 
3回目の治療後にお腹に力を入れて、軽めにウォーキングをすると痛くなかった。 
走ると抜けるような感じがある。 
・友人、連帯感 
・ご主人、臭覚、満足 
・ご主人、寝姿勢、喜び
5回目:2014年8月11日 
少しずつ足に力が入る感じがしているが、まだ抜ける感じがあって走れない。 
・友人、セミナー、抵抗感 
・ラン、タイムが伸びない 
・夕食前のストレッチ
6回目:2014年8月14日 
・食後、片付け、逃避 
・知人、逃避
7回目:2014年8月21日 
10kmのウォーキングをしても痛みを感じなくなってきた。 
ジョギングでは抜けるような不安感があって走れない。 
・ウォーキングしている時の姿勢(反り姿勢) 
・ジムのインストラクターの声(姿勢が悪いと指摘される) 
・足が抜ける 恐怖
8回目:2014年8月30日 
ジムでレッグクロスの後から股関節に痛み。 
・ジムの人との会話
9回目:2014年9月18日 
9/2にジョギングをしたら不安感なく走れるようになっていた。 
9/8調子が良くて10km位走ったが大丈夫だった。 
・セミナー、友人、逃避

【考察】 9回の治療で完治され、今までと同じようにランニングや仲間の方達とリレーマラソンをして楽しまれるようになりました。 
そして故障する前よりもタイムが伸びたと喜ばれていました。 
アクティベーター療法とPCRTの施術を毎回楽しまれながら受けていただくことができて、いい関係で施術をする事ができました。 
その後もランニングを楽しまれるために、定期的にメンテナンスでケアに来られています。 
この方のようなスポーツ障害の治療ももっと行っていきたいと思います。