脳の誤作動記憶を調節する心身医療 心と脳と身体との関係性 -心身条件反射療法協会のサイトー

  脳に学習された誤作動記憶を調整する心身相関統合療法

 心身条件反射療法
(ニューロパターンセラピー)

Psychosomatic Conditioned Reflex Therapy

   事務局: 〒810-0001 福岡市中央区天神3-3-6 天神サンビル7F 
 

お問い合わせの際は、
お名前とご連絡先をお知らせください

092-761-0086

右膝下の痛み

報告者 : 国井 継之介 B.C.Sc(ファインカイロプラクティック

【患者

小6 男子
【主訴と病歴】主訴:右膝下の痛み (整形外科による診断名:オスグット) 
半年前から運動時(バスケット)に膝に痛みが出る様になる。 
整形外科を受診し、オスグットの診断を受ける。 
運動を中止し、整形外科の治療を2ヶ月行うが、運動すると痛みが直ぐにでてしまう状態で、強い痛みが出ない様に、制限しながら練習を行ってきた。 
現在痛みは、朝の起床時と夜の就寝時に痛みがある。痛みの強さは日によって違う。 
運動時または運動後に強い痛みがある。痛みの強さは日によって違う。 
体育では痛みが出ることなく、普通にできる。 
10日後に、最後の大会があるので、どうしてもそこに出たい。
【検査と治療】 
 

《初診》 
膝下の圧痛を確認。 
膝関節の可動域は80-90°(腹臥位) 
スクワットは、痛みのため90°まで出来ない。 
膝関節の屈曲と伸展に関わる筋肉に、筋抵抗検査での異常はなし。 
股関節の屈曲筋・外転勤・内転筋に、筋抵抗検査での筋力低下がみられた。
 
今の状態で、大会にでれたらどれくらい楽しそうですか?という質問に対して、 
「あまり楽しくない」という返答がみられた。 
どんな事が出来たら楽しくなりそうですか?という質問に 
「自分が活躍できたら楽しそう」という返答がみられた。 
自分が活躍している時は、どんな事が出来てるかな?という質問に対して 
「相手との競り合いに負けない」「体が勝手に動いている」という返答がみられた。 
じゃあ、そう言う状態になる様に、施術をしていこうと、ゴールを設定した。

【ハード面の施術】アクティベータ・メソッド 
・スクワットでの痛みが減少 (最終可動域での痛み) 
・筋力低下が見られた筋肉の機能異常が改善 
・圧痛は残存
同じ質問を行い、メンタル面の変化とゴール設定に近づいているかを確認した。 
今の状態で、10日後の大会に出れたとすると、どれくらい楽しそう? 
『普通に楽しそう』 
活躍できてそう? 
『普通に活躍してる』
【ソフト面の施術】

心身条件反射療法 
問診から得られた症状が悪化する場面から分析を行った。 
日頃の練習のイメージ → → → 陽性 
朝のイメージ → → → 陽性 
夜のイメージ → → → 陽性 
陽性反応が見られた場面イメージでPCRT振動を行い、脳の緊張パターンの切り替えを行った。
 
日頃の練習のイメージ → → → 陽性

五感(聴覚) 
・コーチの声 → 練習中 休憩中 練習後の雑談 
・チームメイトの声 
・母親の声 → 練習中 帰りの車の中 
日頃の練習のイメージで五感情報と絡んだ緊張パターンを、PCRT振動にて切り替え。 
日頃の練習のイメージ → → → 陽性 
再度、日頃の練習イメージで検査するが、陽性反応が切り替わらない事で、動作と関連した聴覚刺激を検査分析した。
五感(聴覚) 
・走り出す時 ー コーチの声 
・止まる時 ー 陰性 
・ジャンプする時 ー 自分の声(足が痛い) 
・着地する時 ー 自分の声 (足が痛い) 
反応が得られた上記の情報に対して、PCRT振動にて切り替えを行った。
 
日頃の練習のイメージ → → → 陰性
 
再検査を行い、状態を確認した。 
スクワットで屈伸ができる。 
(最後少しだけ違和感がのこる) 
・機能異常を起こしていた筋肉は改善されている。 
・圧痛はまだある。 
・異常な緊張が解放され、体がかなり軽くなっている。という感想があった。
 
再度、同じ質問を行い、メンタル面の変化とゴール設定に近づいているかを確認した。
 
今の状態で、10日後の大会に出れたとすると、 
どれくらい楽しそう? 
『すごい楽しくできそう』 
活躍できてそう? 
『早く試合したい』
 
との事で、初回の施術を終了した。
 
《2回目》1週間後の来院。 (大会3日前) 
朝晩の痛みが出ているが、運動後に痛みが強くなって動けなくなる事は無くなった。
 
治療 
ハード面ーアクティベータ・メソッド 
ソフト面 
└ 日頃の練習のイメージ 陰性 
└ 3日後の大会のイメージ 陽性 
→ 感情 連帯感  
前回反応のあった場面でのイメージは陰性になっていた。 
3日後の大会での緊張パターンが見られたので、言語神経反射にて感情との関係性を特定し、この緊張パターンをPCRT振動を行った。
 
《3回目》前回から1週間後。 
無事に大会に出場し、惜しくも決勝で負けたそうだが、痛みで動けなくなる事もなく、楽しめたとの事。
 
その後、完全治癒の為に再来し、トータル13回のケアで治療を終える。

【感想】スポーツ障害の為に意識が痛みに向いていて、スポーツに対してモチベーションが低下していました。 
10日後の大会に出たいという目標があった事で、そこまでの治癒はとても早く改善しました。 
しかし、その後は回復が緩やかになり、改善のスピードは低下した印象です。 
脳がどうなりたいのか?具体的なイメージがある事で改善のスピードが速いと思います。 
本症例で、どうなっていたいか?がとても重要な事が改めてわかりました。

筋骨格系・小脳系に戻る