脳の誤作動記憶を調節する心身医療 心と脳と身体との関係性 -心身条件反射療法協会のサイトー

  脳に学習された誤作動記憶を調整する心身相関統合療法

 心身条件反射療法
(ニューロパターンセラピー)

Psychosomatic Conditioned Reflex Therapy

   事務局: 〒810-0001 福岡市中央区天神3-3-6 天神サンビル7F 
 

お問い合わせの際は、
お名前とご連絡先をお知らせください

092-761-0086

全身のだるさ

報告者 : 三好 成子 B.C.Sc  認定心理士コアレディスカイロプラクティックオフィス)                  2013.1.23

【主訴】数週間まえより「眠れない、直ぐに眼が覚める」 「全身のだるさがつづく」「朝から声が朝から出ていない」との主訴。患者さんの話によると、「子供が2,3日前に風邪で熱をだしていた。たぶん子供の風邪が移ったので今朝声が出なくなったのだろう」とのこと。
【所見】

風邪のような症状には思われない。身体に疲れが伺える。
ハード面の検査
触診検査
左腰部の筋肉による緊張
関節自他動検査 異常なROMはなし
四肢筋肉トーン検査
L・R大腰筋 グレード3
R大臀筋 グレード5
L・R大胸筋 グレード3
牽引、圧迫検査
両手をつかみ頭部のほうに牽引をかける検査にて
左の腰部に固さを感じられる
施術
アクティベータで全身を整える。
ダルサが残るのでPCRTを行う。
声のかすれのイメージで神経反射検査を行い陽性
(背臥位下肢検査及び筋抵抗検査)
以下の手順で施術を行なった。 

手順
すべて陰性
ハード面のEB検査
ハード面 陰性
ソフト面のEB検査 陽性
施術
パターンチャート検査 陽性
・五感 反応
・聴覚 物音
・分野 家族関係・・・子供
・時系列 現在
これらのキーワードで患者が思い当たる事項のイメージをしてもらった。
イメージ
「子供は(1歳児)先日から風邪をひいた。昨日の夜は「子供が動くたびに気になって目がさめ、良く寝むれなかった。」
・パターンアジャスト
■ 緊張パターンをイメージ( 子供が動くたび、気にしている自分)
呼吸振動パターンにてアジャストメント
先ほどの緊張パターンでイメージ
下肢長検査で反応 陰性

神経反射検査 背臥位下肢長検査
「眠れないで」 イメージ 弱化 陽性

(「さらに」まだ反応が出ていたので感情チャートで五感を引き出す)
感情キーワード「喜び」反応

キーワード「喜び」子供さんに関するイメージ、思い当たることをイメージ

呼吸振動パターンアジャストメント
神経反射テスト陰性 下肢長検査、筋肉抵抗検査(大腿筋膜長筋での検査)

よく「眠くれない」でイメージ 陰性

「声のかすれ」でイメージ
神経反射検査 陰性

施術が終わった帰り際、かすれ声が改善。

【施術後評価】感情のキーワードを患者に伝えた時、笑いながらご自身でなんらかの気付きがあったようで有る。
【まとめ】患者は適応努力に対する脳の誤動作により「声が出にくい」など、身体の緊張がもたらした症状だと思われる。つまり子供に対しての献身的な愛情の高まりが、身体の緊張パターンのキーワードになったのかもしれない。
身体には同情という関係が存在する。それは脳機能システムに依存する。
脳の機能システムには「脳幹」「間脳」「中脳」「橋」「延髄」により「反射」 「複合運動」 「生得的行動」の機能 を担う。小脳はこの3つをシステム的に適応させ、最も基本的な脳機能システムが起動する。これに付け加え大脳基底核、小脳、大脳辺縁系、睡眠、覚醒系がそれぞれに人間行動の安定性、適応性、目的性、活動水準を維持、調整する機能を付与している。
このシステムに情報中核ともいえる大脳皮質と呼ばれる人間の生存ベースが加わり、基本的行動を抑制しながら恒常性を維持する。
脳―神経システムの本質は情報システムであり、五感は刺激となる情報を受け入れる。その刺激情報によって身体が反応する。
身体と同情の関係について例をあげると、怖い話を聞いたときは、背筋がゾクゾクするなど身体の自律的反応が起こる。
長引く自律的反応は積疲労、過剰緊張、思考能力を低下させるほか、長期化すると身体的恒常性の低下を助長する要素となる。また共感する感情の同一性による「同情」は脳、心、身体に密接に関与し、それに見合った脳の可塑性が起りえる。
患者による症状は、パターン化された感覚要素が身体の誤動作としてあらわれ、不眠となり身体不調が現れたのだろう。
脳の学習による身体情報システムは時として、自律神経系の失調をきたし
「声が出にくい」、「眠れない」などのパターン化された感覚情報による脳のシステムが働き、不具合症状をひきおこす。
感覚情報を修正し脳のプログラミングを更新することは、律神経系の過剰反応を鎮静させ症状が軽減することに役立つ。
最後に「緊張パターン」と「リラックスパターン」の手法ではなく、「緊張パターン」(反応パターン)での施術法のアプローチの仕方でソフト面の施術の対応がスムーズに行われた。また患者さんとも心地よく施術を受けていただいたと感じている。

内分泌(ホルモン系)の症状に戻る