脳の誤作動記憶を調節する心身医療 心と脳と身体との関係性 -心身条件反射療法協会のサイトー

  脳に学習された誤作動記憶を調整する心身相関統合療法

 心身条件反射療法
(ニューロパターンセラピー)

Psychosomatic Conditioned Reflex Therapy

   事務局: 〒810-0001 福岡市中央区天神3-3-6 天神サンビル7F 
 

お問い合わせの際は、
お名前とご連絡先をお知らせください

092-761-0086

ジストニア(顔面部)改善事例の途中経過

報告者 : 保井 志之ファミリーカイロプラクティックセンター)                  2017.11.16

【患者情報】

五十代女性、4ヶ月前に口の周りの筋肉や舌が意識とは無関係に動くようになり、仕事に集中できなくなったとのこと。また、そのような症状で周囲からの目も気になっているという。以前から首の痛みや肩こりで整骨院や整形外科を受診していた。整形外科では頸椎症と診断される。舌の異常な動きに対しては耳鼻科を受診、その後、心療内科を受診、呑気症(空気嚥下症)との診断。精神安定薬を処方され、呼吸法やリラックス法を受ける。約1ヶ月前に神経内科を受診して、ジストニアと診断されボトックス注射を顔面(下顎部)と頚部に一度受けたが症状が、改善されずに当院を受診。

【初回施術】

〈術前評価〉

・ジストニアの症状はNRS(数値評価)で9レベル。メンタル面の不安感はNRSで10レベル。

 

〈検査〉

・頸頸椎部周辺と肩甲骨周辺の筋骨格系の機能検査で左右共に陽性反応を示す。

さらに舌を動かす動作、口を尖らす動作、声を発する動作による間接的機能検査で陽性反応を示す。

 

〈調整〉

・施術では、最初はハード面の調整法をAM(アクティベータ・メソッド)によって骨盤、脊柱の基本部位に行う。PCRTのハード面調整法ではブレインマップ調整法を施す。

・ソフト面調整法では、大脳辺縁系で「利己心」、「慈悲心」のキーワードから誤作動記憶を特定して調整を行う。

 

〈術後評価〉

・施述後、メンタル面の不安感は10レベルから5レベルに軽減したとのこと。ジストニアの症状の軽減はやや見られたが、数値的な評価は尋ねなかった。

【2回目の施術】

次の日に来院。

〈術前評価〉
・ジストニアの症状はNRS(数値評価)で9レベル。メンタル面のNRSは9レベル。筋骨格系の機能評価は8レベル。


〈検査〉
・前回と同様に行う


〈調整〉
・ハード面調整法ではAMによる基本レベルの調整の後、PCRTの頭蓋骨調整法とブレインマップの調整法を行う。          
・ソフト面調整法では前回の「利己心」は反応が示されなかったが、「慈悲心」に関するキーワードで再度反応が示されたので、コーチング的に質問を行い、心の構造を明確にして調整を行う。さらに検査を進めると大脳皮質系で意味記憶「情報」に関係する誤作動記憶が示された。
・質問で明確になったのは心療内科で処方されていた「精神安定剤の薬を止めると悪くなるのではないか」といういわゆる思い込みだった。そこで、「その薬で改善されていたのですか?」と尋ねると、「いいえ・・」という。「改善してもいないのに薬を飲み続けて、その薬を止めるのに不安になっているのですね・・・」と現状をフィードバックさせてもらうと、「はっ・・・」と、ご自分なりに気づかれた様子。そこでこのような本質的な調整法を通じて自分の治る力を信じるような肯定的な思い込みに書き換えるように提案して調整を行なった。一般情報として、薬に対する思い込みは影響が強いのだと改めて感じた。


〈術後評価〉
・施術後の筋骨格系のNRSは1レベル。メンタル系のNRSは6レベルに変化した。

【3回目の施術】

続けて次の日に来院。
この日は別人のような印象を受けた。明らかに顔の表情がリラックスしている。本当はこんな顔の人だったのだとスタッフと口を揃えて言ったほど変化が見られた。その変化は、本人も自覚されており喜んでいた。

〈術前評価〉
ジストニア症状のNRSは3レベル。筋骨格系はNRSは3レベル。メンタル系のNRSは4レベルと前々回よりも数値的にもかなり改善していた。


〈検査〉
・前回と同様に行う


〈調整〉
・ハード面調整法
 最初はAMで調整、骨盤部のみの反応が示された。PCRTの臓器反応点調整法を行う。
・ソフト面調整法
 「喜び」のキーワードが示された。症状が改善された喜びだった。次に示されたキーワードは「恐怖」だった。仕事に関する書類の監査があるので、前回のようにパニックにならないか、あるいは自分の評価が下がって情けなくならないかということが関係していた様子だった。


〈施術後評価〉
・ジストニアのNRSは1レベルに軽減。筋骨格系は1レベル、メンタル系は2レベル

【4回目の施術】

前回の施術から5日後に来院。ジストニアの症状は以前よりもある程度改善されていたが、以前から抱えていた口周りのこわばり感、病院で受けたボトックス注射の後の違和感、舌の動き、咀嚼障害、首肩の症状、睡眠障害などの症状を訴える。


〈施術前評価〉
・筋骨格系のNRSは8レベル。メンタル系のNRSは6レベル。


〈検査〉
・ハード面調整法
 AMで調整
・ソフト面調整法
 PCRT検査で「恐怖」に関係するキーワードが示された。退職後のやりがいや生きがいなどのテーマが関係していた様子だった。


〈施術後評価〉
・調整後、筋骨格系のNRSは2レベル。メンタル系のNRSは1レベルに軽減。

【5回目から10回目の施術】

その後、仕事に復帰しながら、少しずつ間隔を開けて通院していただいている。以前は職場から休職の相談ももちかけられていたが、職場の人からも症状改善が確認されていることなので、仕事を継続していくとのこと。

以前のような誰が見ても分かるジストニアの症状もある程度落ち着いているが、人間関係における身体的な緊張や精神的な緊張を仕事現場などで感じている様子。通院を継続しながら、何が緊張させているのかをPCRTで検査しながら誤作動記憶の調整を行なった。さらに誰にでもある建前と本音の自己認識を深められるように心理面の提案もさせていただいた。

【考察】

通院されている過程で、患者さんから冗談交じりに「ジストニアって本当に治るのですか?」という質問を2回ほど受けたことがある。私は「治るから治療しているのですよ・・」と笑いながらお答えしたが、その質問の裏に様々な心理的要素が関係しているだろうと勘ぐった。「今まで様々な医療機関で完治しないので、治らないと思い込んでしまったのだろうか?」「初回の施術で改善されて、可能性を信じたから回数券を購入されたのになぜその質問を・・・?」「実際に改善度のレベルが上がっていることを自覚されているのに、なぜ治ることに疑問をもつのだろうか・・・? 」「7年間もジストニアの症状を抱えていたので、そのような疑問も致し方ないのだろうか・・・?」

一般の人がジストニアの症状を発症した場合、まずは病院を受診するだろう。そして、投薬かボットクス注射の治療を受けるのが普通である。治療者が治るという確信を持って施術にあたっても、当の本人が自分の治る力を信じなければ、治るものも治らない。特に心因性が絡んだ症状において本人の治る力に対する確信は多大な影響を及ぼす。初診時からするとかなり改善されてご本人もその改善を自覚されている。まだ完治とは言える状態ではないので継続された方がいいと思うが、患者さんにも事情があるので致し方ないだろう。

ジストニア・イップスの症状に戻る

このページのTOPへ